金庫の鍵をなくしたら、どうしたらいいの?

金庫の鍵をなくしてしまうということもあります。

あまり考えたくはないですが、仕事をしていてバタバタしているうちに鍵がなくなってしまった…ということも多々ありますので、注意しなければなりません。

しかし、どんなに気を付けていても鍵をなくしてしまうことはあるでしょう。
そんな時は、どうやって開けたらいいのでしょうか。

セキュリティをかけている場合は

もし、何らかの方法でセキュリティをかけている場合は、そのセキュリティ会社に電話をすることです。
セキュリティ会社に連絡すれば、その場に来て鍵を開けてくれるでしょう。

ただ、このセキュリティをかけるくらいの金庫なら非常に重要なものが詰まっていることになりますので、できるだけ「無くさない」という努力をしていきたいですね。

やはり、金庫の鍵をなくすというのは避けたいものです。

暗証番号が解らない場合

最近の金庫には暗証番号がついていることが多いのですが、この暗証番号が解らなくなってしまうこともあります。暗証番号がなくなってしまうと、本当に焦りますよね。

鍵屋の中には、この暗証番号がなくても鍵をあけてくれるところがありますので、連絡をしてみてください。
暗証番号がなくても、鍵屋は鍵を開ける術を知っているものです。

ちなみに、ダイヤル番号が解らなくなってしまった場合でも対応をしてもらうことが可能です。

鍵を新しく作ってもらえることも

せっかく金庫を開けたとしても、それを閉めることができなければやはり心配ですよね。
もし鍵を開けてもらったら、そこで鍵を新しく作ってもらうことも可能になっているそうです。

もし、緊急で合鍵が欲しい場合はそこで作ってもらいましょう。
鍵屋では、その場で鍵をあけてもらうということも可能になりますので、ぜひとも鍵をつくってもらえないかを相談してみてくださいね。

鍵を新しくつくってもらうことができれば、次の日から安心して使うことができます。
また、考えてみれば鍵をなくしたまま金庫を使い続けるのは不安も大きいので、新しいものに取り換えていけば安心ですよね。

このように、鍵屋では新しい鍵をつくってくれるということもありますので、どんどん頼ってください。

金庫の鍵がなくなってしまうのは本当に心配ですが、ないことではありませんので、すぐに対処できる方法も考えておくといざという時に焦らないで済みます。ぜひ、いざという時に頼ることができる鍵屋さんを探しておいてくださいね。