会社のカギ

会社のカギがなくなることもある

絶対にあってはならないことですが、時には会社のカギがなくなってしまうことがあります。
会社のカギがなくなってしまう場合、外でなくなってしまうというよりも「会社の中で紛失してしまい、どこにやったか解らない」ということが多いようですね。

しかし、いずれにせよ「手元に鍵がない場合は、何らかの手を考えなければならない」ということがありますので、なんらかの対処をしなければなりません。

これが、余裕がない時に限って紛失するから困りものですね。
では、そういう時はどうしたらいいのでしょうか。

セキュリティ会社を利用している場合

大きな会社や店舗だと、セキュリティに関しては専門の業者に頼んでいるということも少なくありません。
この場合は、セキュリティ会社に連絡することで鍵を開けたり閉めたりということをしてもらえます。

大抵セキュリティ会社は24時間対応になりますので、困った時は連絡をすればすぐに来て対応してくれますので連絡しましょう。

まず、誰にも知られないようにすること

会社の鍵をなくしてしまったことが解ると、もしかすると誰かが侵入しようとするかもしれません。
だからこそ、会社の鍵を紛失してしまった時には必要最低限の人だけに打ち明け、きちんと対応しましょう。

間違っても、ツイッターなどで拡散するのはNGになりますので注意しましょう。
軽はずみな言動が、別のトラブルを呼び寄せてしまうことも少なくありません。

だからこそ、注意が必要になるということですね。
会社の上司など、一部だけに伝えて必要以上に拡散しないことを心がけましょう。

場合によっては警察に届ける必要も

これは会社の鍵に限りませんが、場合によっては「警察に届ける」という選択肢も必要になります。
会社の鍵ですので、もしかしたら悪用する輩がいないとも限りません。

もちろん、一番大切なのはすぐに鍵を変えることですが、それが間に合わない場合は警察に届けておくことも必要になります。

このあたりは、上司と相談の上で警察に届けるかどうするかを考えて判断するといいでしょう。

会社のカギがなくなってしまうというのは大変なこと。
できれば、なくならないようにしっかりと管理をしていきたいものですね。

日ごろから、鍵をなくさないような管理の仕方について会社で考えておくといいのではないかと思います。

会社の鍵がなくならないようにするのは、日ごろから話し合いをすることが重要になりますので、しっかりと管理について情報管理をしましょう。