自転車のカギをなくしてしまったら?

外出中に自転車の鍵がなくなってしまうことって結構ありますよね。

自転車で出かけたのに、出かけた先で鍵をなくしてしまうと本当に焦ります。
そういう時って、どうしたらいいのでしょうか。

お店に頼めば、鍵を外してくれることも

まず、出かけた先がお店であった場合は「お店側に相談をしておく」という方法があります。
お店はよくもわるくもこういったトラブルに慣れていますので、特殊な工具を使って鍵のワイヤーを切ってくれることも。

これだと鍵は壊れますが、とりあえず自転車で帰ることはできます。
鍵はまた後日に買って取り付けるという方法でも十分間に合います。

特に、大きなショッピングモールでは対応してくれる可能性が高いので、一度は相談をしてみることをお勧めします。

大きなショッピングモールだと、鍵に関する悪戯が頻発しますので「何かあった時の対応」を確立していることも少なくありません。
ぜひ、何かあったら頼ってみてくださいね。

自転車屋さんに相談する

また、最寄りの自転車屋さんに相談をしてみるという手も。
「そこまで自転車を持ち込むことが大変だ」と思うかもしれませんが、自転車屋さんによっては「現場まで駆けつけてくれる」という可能性もありますので、一度は連絡をしてみるといいでしょう。

自転車屋さんは鍵のプロでもありますので、簡単に鍵を外してくれます。
万が一に備えて、頼ることができる鍵屋さんを探しておくことをお勧めします。

連絡先が解っていれば、何かあったときでもすぐに頼ることができますからね。

鍵屋さんが対応をしてくれることもあります

基本中の基本ですが、鍵屋さんに頼むことで対応をしてもらえるケースも少なくありません。

鍵屋は鍵のプロですので、とりあえず「鍵を開けたい」というときは対応をしてくれますので、どうしても鍵を開けることができなければここを頼ってみるといいかもしれませんね。

ただ、自転車の鍵は家の鍵とは勝手が違うせいか「対応できない」ということもありますので、その点だけは注意をすることが必要になるでしょう。

事前に自転車の鍵への対応が可能かどうかを確認しておくといいでしょうね。

自転車の鍵は紛失しやすい鍵の一つになります。
だからこそ、紛失しないようにきちんと管理しておくことが必要になります。

市販の鍵をつけるばあいは、紛失した場合に備えてスペアキーは保管しておくなど、きちんと管理をしておきましょう。