会社のカギ

会社のカギがなくなることもある

絶対にあってはならないことですが、時には会社のカギがなくなってしまうことがあります。
会社のカギがなくなってしまう場合、外でなくなってしまうというよりも「会社の中で紛失してしまい、どこにやったか解らない」ということが多いようですね。

しかし、いずれにせよ「手元に鍵がない場合は、何らかの手を考えなければならない」ということがありますので、なんらかの対処をしなければなりません。

これが、余裕がない時に限って紛失するから困りものですよね。
では、そういう時はどうしたらいいのでしょうか。

セキュリティ会社を利用している場合

大きな会社や店舗だと、セキュリティに関しては専門の業者に頼んでいるということも少なくありません。
この場合は、セキュリティ会社に連絡することで鍵を開けたり閉めたりということをしてもらえます。

大抵セキュリティ会社は24時間対応になりますので、困った時は連絡をすればすぐにきてくれますので連絡しましょう。

まず、誰にも知られないようにすること

会社の鍵をなくしてしまったことが解ると、もしかすると誰かが侵入しようとするかもしれません。
だからこそ、会社の鍵を紛失してしまった時には必要最低限の人だけに打ち明け、きちんと対応しましょう。

間違っても、ツイッターなどで拡散するのはNGになりますので注意しましょう。
軽はずみな言動が、別のトラブルを呼び寄せてしまうことも少なくありません。

だからこそ、注意が必要になるということですね。
会社の上司など、一部だけに伝えて必要以上に拡散しないことを心がけましょう。

場合によっては警察に届ける必要も

これは会社の鍵に限りませんが、場合によっては「警察に届ける」という選択肢も必要になります。
会社の鍵ですので、もしかしたら悪用する輩がいないとも限りません。

もちろん、一番大切なのはすぐに鍵を変えることですが、それが間に合わない場合は警察に届けておくことも必要になります。

このあたりは、上司と相談の上で届けるかどうするかを考えて行くといいでしょう。

会社のカギがなくなってしまうというのは大変なこと。
できれば、なくならないようにしっかりと管理をしていきたいものですね。

日ごろから、鍵をなくさないような管理の仕方について会社で考えておくといいのではないかと思いますよ。

会社の鍵がなくならないようにするのは、日ごろから話し合いをすることが重要になりますので、しっかりと管理について情報管理をしましょう。

金庫の鍵を無くした場合

金庫の鍵をなくしたら、どうしたらいいの?

金庫の鍵をなくしてしまうということもあります。

あまり考えたくはないですが、仕事をしていてバタバタしているうちに鍵がなくなってしまった…ということも多々ありますので、注意しなければなりません。

しかし、どんなに気を付けていても鍵をなくしてしまうことはあるでしょう。
そんな時は、どうやって開けたらいいのでしょうか。

セキュリティをかけている場合は

もし、何らかの方法でセキュリティをかけている場合は、そのセキュリティ会社に電話をすることです。
セキュリティ会社に連絡すれば、その場に来て鍵を開けてくれるでしょう。

ただ、このセキュリティをかけるくらいの金庫なら非常に重要なものが詰まっていることになりますので、できるだけ「無くさない」という努力をしていきたいですね。

やはり、金庫の鍵をなくすというのは避けたいものです。

暗証番号が解らない場合

最近の金庫には暗証番号がついていることが多いのですが、この暗証番号が解らなくなってしまうこともあります。暗証番号がなくなってしまうと、本当に焦りますよね。

鍵屋の中には、この暗証番号がなくても鍵をあけてくれるところがありますので、連絡をしてみてください。
暗証番号がなくても、鍵屋は鍵を開ける術を知っているものです。

ちなみに、ダイヤル番号が解らなくなってしまった場合でも対応をしてもらうことが可能です。

鍵を新しく作ってもらえることも

せっかく金庫を開けたとしても、それを閉めることができなければやはり心配ですよね。
もし鍵を開けてもらったら、そこで鍵を新しく作ってもらうことも可能になっているそうです。

もし、緊急で合鍵が欲しい場合はそこで作ってもらいましょう。
鍵屋では、その場で鍵をあけてもらうということも可能になりますので、ぜひとも鍵をつくってもらえないかを相談してみてくださいね。

鍵を新しくつくってもらうことができれば、次の日から安心して使うことができます。
また、考えてみれば鍵をなくしたまま金庫を使い続けるのは不安も大きいので、新しいものに取り換えていけば安心ですよね。

このように、鍵屋では新しい鍵をつくってくれるということもありますので、どんどん頼ってください。

金庫の鍵がなくなってしまうのは本当に心配ですが、ないことではありませんので、すぐに対処できる方法も考えておくといざという時に焦らないで済みます。ぜひ、いざという時に頼ることができる鍵屋さんを探しておいてくださいね。

自転車のカギ

自転車のカギをなくしてしまったら?

外出中に自転車の鍵がなくなってしまうことって結構ありますよね。

自転車で出かけたのに、出かけた先で鍵をなくしてしまうと本当に焦ります。
そういう時って、どうしたらいいのでしょうか。

お店に頼めば、鍵を外してくれることも

まず、出かけた先がお店であった場合は「お店側に相談をしておく」という方法があります。
お店はよくもわるくもこういったトラブルに慣れていますので、特殊な工具を使って鍵のワイヤーを切ってくれることも。

これだと鍵は壊れますが、とりあえず自転車で帰ることはできます。
鍵はまた後日に買って取り付けるという方法でも十分間に合います。

特に、大きなショッピングモールでは対応してくれる可能性が高いので、一度は相談をしてみることをお勧めします。

大きなショッピングモールだと、鍵に関する悪戯が頻発しますので「何かあった時の対応」を確立していることも少なくありません。
ぜひ、何かあったら頼ってみてくださいね。

自転車屋さんに相談する

また、最寄りの自転車屋さんに相談をしてみるという手も。
「そこまで自転車を持ち込むことが大変だ」と思うかもしれませんが、自転車屋さんによっては「現場まで駆けつけてくれる」という可能性もありますので、一度は連絡をしてみるといいでしょう。

自転車屋さんは鍵のプロでもありますので、簡単に鍵を外してくれます。
万が一に備えて、頼ることができる鍵屋さんを探しておくことをお勧めします。

連絡先が解っていれば、何かあったときでもすぐに頼ることができますからね。

鍵屋さんが対応をしてくれることもあります

基本中の基本ですが、鍵屋さんに頼むことで対応をしてもらえるケースも少なくありません。

鍵屋は鍵のプロですので、とりあえず「鍵を開けたい」というときは対応をしてくれますので、どうしても鍵を開けることができなければここを頼ってみるといいかもしれませんね。

ただ、自転車の鍵は家の鍵とは勝手が違うせいか「対応できない」ということもありますので、その点だけは注意をすることが必要になるでしょう。

事前に自転車の鍵への対応が可能かどうかを確認しておくといいでしょうね。

自転車の鍵は紛失しやすい鍵の一つになります。
だからこそ、紛失しないようにきちんと管理しておくことが必要になります。

市販の鍵をつけるばあいは、紛失した場合に備えてスペアキーは保管しておくなど、きちんと管理をしておきましょう。

家のカギ

家のカギのトラブルは本当に多い

鍵といえば、一番多いのは家のカギのトラブルです。
とにかく、本当にたくさんのトラブルが起きるのが家の鍵です。

では、家のカギではどんなトラブルがおきるのかについて考えて行きたいと思います。

家のカギの紛失

家のカギといえば、一番多いのが「紛失」です。
とにかく家のカギというのは本当になくなりやすいので、注意しなければなりません。

「いつもの場所においておいたはずなのに、気づいたらなくなっている」ということもあるため、日ごろから注意して扱っていきたいですね。

また、家のカギの紛失に備えて「日ごろはマスターキーではなくスペアキーを使って鍵の開け閉めを行う」ということも重要。よくあるディスクシリンダー錠であれば、鍵屋ですぐにつくることが可能なので作っておくといいでしょう。

家のカギのスペアキーを作るなら、大体値段は5~700円程度でしょうか。

家族分をつくっておくと便利です。
中にはスペアキーをつくることがむずかしい鍵もありますので、それは鍵の会社に相談するなどしておきましょう。

鍵が抜けなくなるなどのトラブルも…

また、鍵が鍵穴から抜けなくなるなどのトラブルも。
鍵も古くなると、鍵穴から抜けなくなってしまうこともあります。

鍵穴に入れたまま鍵が抜けなくなるとなると、やはり鍵を交換するという対処をすることになるでしょう。
これで鍵が抜けたとしても、また別の時に抜けなくなるということも考えられますので、抜けなくなったらその時に交換しておくといいでしょう。

また、鍵は悪戯されることもあるので注意。
中に異物をいれられてしまうという悪戯だと、どうしても鍵が入らないなどのトラブルが出てくるようになります。そうなると、やはり鍵を交換するしかありません。

鍵が壊れてしまうということも大変ですが、誰かが侵入しようとしたのをそのままにしておくというのも気持ち悪いですよね。この時点で、付け替えをしておかれることをお勧めします。

鍵の紛失・トラブルは鍵屋へ

もし鍵のトラブルがあった時は、すぐに頼ることができる鍵屋を探してみて下さい。
鍵屋の中には、電話をしたらすぐに来てくれるところがありますので、そういったところを探しておくといいでしょう。

鍵のトラブルはある日突然起きますので、それを見越して「すぐに頼ることができる鍵屋」を見つけておくことは非常に重要です。

しかし、とにかく基本的には「なくさないこと」が重要ですので、鍵の紛失がないように気を付けていきましょう。