鍵のよくあるトラブル

玄関ドアのトラブル

生活していると、様々な場面で鍵を使います。
中でもどのようなトラブルが多いのかというと、玄関ドアのトラブルが多いです。

単純に、家の鍵をなくしてしまって家に入れなくて困っているという人は多いです。
修理業者が依頼された場所にいると、玄関の前で依頼人が待っているということはよくあります。

このように、自分で鍵をなくしてしまうということも多いのですが、鍵はあるけれど、玄関やそのほかのドアが開かなくなってしまったという依頼も決して珍しいことではありません。

家に帰ってきて、玄関に鍵を刺したけれど回らなかったり、鍵が刺さらなかったり、鍵が折れてしまうということもあります。

このような場合であっても、ドアを開けることが先決です。
たいていの場合、かなり鍵自体が古くなったことで回らないなどのトラブルが起こってしまいます。

せっかくなので、この機会に新しい鍵に変えたほうがいいのではないかと進める修理業者は多いです。
最新式のなかなか簡単に開けることができないタイプの鍵に交換するいいチャンスではないでしょうか。

これまで使っていた鍵も使い続けることを勧められるような状態ではないですから、交換してしまう人がほとんどです。
特に玄関が開かないというわけではないけれど、様々なわけがあって鍵を交換したいという人もかなり多いです。

マンションへ引っ越してきたものの、鍵を新しく交換していないことがわかり、自分で交換することになったという人もいます。

必ずしも大家さんのほうで鍵を新しくするとは限らないということです。
前の住人とのトラブルが起こってはいけませんから、危険を回避するために依頼するというわけです。

その他のトラブル

また、元交際相手に合い鍵を渡したけれど、返してもらえなかったので、玄関の鍵を変えてしまうという人も多くいます。
自分の留守中に部屋の中に入ってくるということも恐ろしいですし、在宅中に入って来られても困ります。

自分の身を守るために鍵を交換するというわけです。
また、古くなった金庫などが開かなくなったというトラブルも聞きます。

かなり古いタイプの場合は開けること自体に時間がかかりますが、ほとんど開けることができます。
あまりにも古くて全く開け方がわからないという場合であっても、鍵修理業者に頼んでみてください。

いろいろな鍵にまつわるトラブルがあるものです。
だいたいこのようなトラブルが多く依頼されていますが、様々なケースに鍵修理業者は対応しています。