防犯性の高い鍵の種類

空き巣の被害

外部から家人以外が入ってこないようにするためには、鍵は必要不可欠です。
ただ、鍵を掛けていても実は空き巣被害等はなくなっていません。
しかもその手口は巧妙かつ悪質化が進んでいる為、家の中の物や家族を守るためにもしっかりと防犯について考える必要があるのです。

そんな時はやはりまずは鍵を何とかするのが重要なのですが、もし1つしか付けていない人がいたら、まずは補助錠を使うようにしましょう。

ワンドアツーロック、これは基本であり、それと同じ位重要なのは防犯性の高い鍵を使うという事になります。
では一体、その鍵とはどんな感じの物なのでしょうか。
まずマンション等で多く使われるようになってきているのが、指紋認証キーです。

指紋認証キーは指紋を登録して利用する事になりますが、鍵等を必要としないので紛失の心配がありません。
勿論鍵穴がないのでピッキングの被害にも遭う可能性もなく、その点に関する心配は不要です。

「一戸建て」「マンション」「オフィス」などさまざまな場所で使えるので、手軽に防犯効果を高めたいと思うのであれば非常に便利な物と言って良いでしょう。

また耐ピッキングシリンダー錠もお勧めです。
これは一般的な鍵の様に見えますが、今までの物に比べるとピッキングで開錠するまでにかなりの時間を必要とします。

空き巣に入る側から言うと、簡単に開ける事ができなければ出来ない程、その家を狙いたくはなくなるので、これを利用するのはお勧めです。

また防犯性の高い物、開錠までに5分以上かかるものにはCPマークが付いているので、マークが付いている物を探しましょう。

暗証番号錠

鍵を持ち歩きたくないと思うのであれば、暗証番号錠もお勧めです。
この場合、自分が決めた番号を入力すれば開錠されるので、鍵を持ち歩く必要は全くありません。

しかし暗証番号に関しては、推測されやすい物にしてしまうことがあるので、コレを使う時は出来るだけ推測されにくい物にしましょう。

例えば車のナンバーとかにしてしまうと、簡単にわかってしまう事があるので注意が必要です。
また、暗証番号を入力しているところを見られてしまうとそれでばれてしまうので、入力している時、どのボタンを押しているかが分からないようにしておきましょう。

これ以外にも防犯性が高い鍵があるので、自分の生活習慣や予算等を考えて自分に合っている物を選ぶのが重要です。

防犯は他人任せにするのではなく、自分が主体になって行わなければいけません。
出来るだけ防犯効果を高くするためにも、鍵選びはしっかりと行いましょう。