鍵の特徴にみる、防犯性能

製造コストの低いディスクシリンダー

様々な鍵が開発されていますが物理的な手段によって解錠できるものは、ディスクシリンダーとピンシリンダーの技術を発展させたものです。
ディスクシリンダーは日本で最も出回っていた製品ですが、その理由は製造コストの低さにあります。

シリンダー内にはディスク(板)が複数枚重なって配置されています。
ディスクにはそれぞれ位置の異なる穴が開いており、各ディスクの位置を正しく整列させることで解錠できるものです。

穴の位置とキーに刻まれたギザギザの山の形状が合ったときに、解錠できる仕組みになっています。
このように作りが簡素であるために、製造コストが低く抑えられます。
そして、販売コストを下げたい住宅メーカーや工務店によって採用され、多く回るようになったのです。

作りの簡素さは業者によるピッキングを容易にしますが、同時に家屋への侵入者も容易になります。
業者用に出回っているピッキング用工具が販売されており、侵入目的の者でも入手が可能なのです。

違法なピッキングを防ぐために製造業者はキーを差し込む穴の形状を「く」の字にしていますが、それでも効果はありません。
日本で最も出回っているディスクシリンダーのため、ターゲットになり易く、そして解錠しやすいものです。
そのため、防犯性の低い製品としてディスクシリンダーが挙げられるです。
コレを受けるように、主要メーカーである美和ロックは、ディスクシリンダーを新規に製造していません。

ピンシリンダーの防犯性

一方ピンシリンダーは、ディスクの代わりにピンを採用しています。
ディスクシリンダーのものと同様に、キーには複数のギザギザの山が刻まれており、一見するとまったく違いはありません。
ピンシリンダー内にキーを入れると、シリンダー内のピンを奥に押し込められます。

ピンは途中で途切れており、途切れた位置が全て揃うと、キーが回転でき解錠できるのです。
奥のピンを上ピン、中央のピンを下ピンと呼び、上ピンと下ピンの切れ目をシェアラインと呼んでいます。
この構造から分かるとおり、ディスクシリンダーのものと同様、ピッキングが容易に行え、防犯性能は低くなっています。

しかし、複数の細いピンを採用しているため、ディスクシリンダーよりもピンの数が増やすことが可能なのです。

数が増えれば、よりピッキングまでの時間を要するようになります。
また、シェアラインの数を増やせば、更に難易度が上がるでしょうそれが、キーの表面に窪みを設けた製品です。
ピンシリンダーをキーの山だけではなく、キーの両面に窪みを設け、シリンダー内のピンの向きは三方向になり、より解錠し辛くなっているのです。

また四方向、八方向といった製品もあり、より複雑で解錠され難くしています。
そして、ピンにマグネットを利用した製品もあります。
キー側の各窪みに磁性が付いており、この磁性の極とシリンダーのピンの極が一致しなければ、キーをまわす事はできません。
物理的な解錠はほぼ困難ですが、残念ながらピッキング工具が市販されています。

しかし、ディスクシリンダーと比較すると、格段に防犯性能が向上していることは間違いありません。

工具で解錠できても、解錠がより困難な鍵であるなら、防犯意識の高さを侵入者へ伝えられるからです。
ピンシリンダーの発展系の鍵の特徴は、そうしたメッセージを伝えられることです。