鍵のメンテナンスの方法

基本的なメンテナンス法

誰もがご家庭でできる鍵のお手入れ法として、まずは一般的なシリンダー錠のメンテナンス方法をご紹介したいと思います。

掃除機を用意して、そして掃除機を鍵穴につけて左右に振ってください。
これによって鍵穴の中に入り込んでいるゴミを吸い出していくのですが、意外にも掃除機を使うと簡単にゴミが取れます。

掃除機が大きくて使いにくいといった場合は、パソコンのキーボード用のエアダスターなどゴミを飛ばすツールを利用してもいいでしょう。

次に鍵穴を回す鍵の方もお手入れが必要で、古い歯ブラシなどを使って軽くお掃除しましょう。
力を入れ過ぎると鍵が傷ついてしまうので、優しく行うのが賢明です。

特にディンプルキーは凹凸の部分が多く汚れがたまりやすいため、定期的にお手入れが必要です。
丁寧にブラッシングし、鍵穴が回らないといったトラブルが起きないよう気を付けましょう。

本格的なメンテナンス

鍵穴、鍵の基本的なお手入れが済んだら、少し本格的なメンテナンスを行っていきます。
鍵穴にそのメーカーが指定する専用の潤滑剤を、少しだけで大丈夫なのでスプレーしてください。

これは油分を含まないパウダータイプのスプレーで、滑りをよくすることが可能です。
油分が含まれた市販の潤滑油を使わないよう気を付けてください。

「CRC 5-56」や「シリコンスプレー」は鍵穴の内部を防いでしまう可能性がとても高いため、動作不良や故障の原因になりますので注意しましょう。

専用のパウダースプレータイプの潤滑剤が手に入らない場合や、コストを抑えたい場合、気軽にお手入れしたい場合には鉛筆の黒鉛でも代用可能です。

鍵の切り込みを鉛筆で強めに黒くなぞったら、それを数回にわたって鍵穴に抜き差してください。

その後、鍵についた黒鉛はキレイにふき取ります。
シリンダー以外の錠前のメンテナンス方法についても、見ていきましょう。

錠前の表面に泥や汚れをつけたまま放置すると、化学的反応が生じて表面が錆びたり塗装が剥れることがあります。

そのため、表面をキズつけない柔らかい布でお手入れするのが基本です。
また、汚れの種類によってもメンテナンス方法が異なります。

汚れの落とし方

水では落ちにくい汚れの場合、まず、中性洗剤と柔らかい布で優しく拭きます。
固いブラシやタワシを使って汚れを落としたり、薬品を使うことは錠前を傷めるので適しません。

その後、中性洗剤が残らないようキレイに水拭きし、サビないように柔らかい布で水気を完全にふき取ります。

この時も、ゴシゴシこすらないように気を付けてください。
風雨による汚れの場合は、洗剤を用いなくても落ちるでしょう。

水拭きのあと、柔らかい布でしっかり水気を拭きとります。

軽い汚れや定期的に行うお手入れなら、柔らかい布での乾拭きだけで十分です。