空き巣の手口

空き巣などの窃盗犯が行う鍵開けの手口に、ピッキングがあります。
特殊な道具を用いて、鍵穴を操作して鍵を開けてしまう方法です。

スキルの高い人であれば、わずか1分程度で開錠でき、不法侵入が可能となってしまうのです。
そこでピッキングされないような鍵に変更することが、防犯対策上不可欠となってきています。

ピッキング対策にうってつけの鍵

ピッキング対策に強い鍵として知られているのが、ディンプルキーです。
表面に大きさや深さが異なる小さな窪みが付けられたキーで、この窪みをディンプルと呼ぶことから名づけられました。

この窪みの配列の組み合わせは、実に1000億通り以上あるとされており、鍵の複製も困難であり、穴を使って開錠しようとしても相当の時間が必要になります。

一般的に窃盗犯は鍵開けに5分以上かかると、見つかる危険を感じてあきらめるといわれていますから、複雑な形状のディンプルキーは高い防犯性を備えているといえるのです。

これまでピッキングの手口のターゲットとなったのは、従来多く存在したピンシリンダー錠と呼ばれる鍵です。
6~7本のピンがシリンダー内に入っているのですが、これはピッキングにより容易に開錠できてしまいます。

これに対して、ディンプルキーはピンの数は3倍あり、さらに複雑な形状のため、ピッキングによる開錠はピンシリンダー錠に比べて10倍以上の難しさになるとされているのです。

また、現在のところディンプルキーを容易に開錠できる工具も開発されておらず、防犯性は維持されています。
もっとも、ディンプルキーと呼ばれる鍵もメーカーにより様々なものがあります。

より強固にするために

一口にディンプルキーと言ってもピッキングへの耐久性に違いがあるため、より高度な性能を発揮するものを選びたいものです。

内部のピンにアンチピッキングピンという名称の特異形状のピンを使用したものや、警視庁によりピッキングやサムターン回しに強い錠として認定を受けたCP認定マークの付いた鍵を利用するようにしましょう。

また、ディンプルキー1つだけに頼らず、主錠のほかに補助錠を付けたり、もともと2つのディンプルキーが付いた玄関ドアに交換したりなども対策の1つになります。

当然ながら開けにくい鍵が2つついていれば、開錠の手間も時間もかかり、不法侵入者の侵入リスクを低下させることができます。

玄関ドアだけでなく、勝手口などもしっかり対策を採りましょう。
また、鍵の交換は素人でも工具を使ってできる場合がありますが、素人が可能なレベルでは窃盗犯にとっても取り外しが可能なことを意味します。

やはり、専門の鍵業者に取り付けてもらうのが一番です。