ピッキング対策に強い鍵

空き巣の手口

空き巣などの窃盗犯が行う鍵開けの手口に、ピッキングがあります。
特殊な道具を用いて、鍵穴を操作して鍵を開けてしまう方法です。

スキルの高い人であれば、わずか1分程度で開錠でき、不法侵入が可能となってしまうのです。
そこでピッキングされないような鍵に変更することが、防犯対策上不可欠となってきています。

ピッキング対策にうってつけの鍵

ピッキング対策に強い鍵として知られているのが、ディンプルキーです。
表面に大きさや深さが異なる小さな窪みが付けられたキーで、この窪みをディンプルと呼ぶことから名づけられました。

この窪みの配列の組み合わせは、実に1000億通り以上あるとされており、鍵の複製も困難であり、穴を使って開錠しようとしても相当の時間が必要になります。

一般的に窃盗犯は鍵開けに5分以上かかると、見つかる危険を感じてあきらめるといわれていますから、複雑な形状のディンプルキーは高い防犯性を備えているといえるのです。

これまでピッキングの手口のターゲットとなったのは、従来多く存在したピンシリンダー錠と呼ばれる鍵です。
6~7本のピンがシリンダー内に入っているのですが、これはピッキングにより容易に開錠できてしまいます。

これに対して、ディンプルキーはピンの数は3倍あり、さらに複雑な形状のため、ピッキングによる開錠はピンシリンダー錠に比べて10倍以上の難しさになるとされているのです。

また、現在のところディンプルキーを容易に開錠できる工具も開発されておらず、防犯性は維持されています。
もっとも、ディンプルキーと呼ばれる鍵もメーカーにより様々なものがあります。

より強固にするために

一口にディンプルキーと言ってもピッキングへの耐久性に違いがあるため、より高度な性能を発揮するものを選びたいものです。

内部のピンにアンチピッキングピンという名称の特異形状のピンを使用したものや、警視庁によりピッキングやサムターン回しに強い錠として認定を受けたCP認定マークの付いた鍵を利用するようにしましょう。

また、ディンプルキー1つだけに頼らず、主錠のほかに補助錠を付けたり、もともと2つのディンプルキーが付いた玄関ドアに交換したりなども対策の1つになります。

当然ながら開けにくい鍵が2つついていれば、開錠の手間も時間もかかり、不法侵入者の侵入リスクを低下させることができます。

玄関ドアだけでなく、勝手口などもしっかり対策を採りましょう。
また、鍵の交換は素人でも工具を使ってできる場合がありますが、素人が可能なレベルでは窃盗犯にとっても取り外しが可能なことを意味します。

やはり、専門の鍵業者に取り付けてもらうのが一番です。

鍵のよくあるトラブル

玄関ドアのトラブル

生活していると、様々な場面で鍵を使います。
中でもどのようなトラブルが多いのかというと、玄関ドアのトラブルが多いです。

単純に、家の鍵をなくしてしまって家に入れなくて困っているという人は多いです。
修理業者が依頼された場所にいると、玄関の前で依頼人が待っているということはよくあります。

このように、自分で鍵をなくしてしまうということも多いのですが、鍵はあるけれど、玄関やそのほかのドアが開かなくなってしまったという依頼も決して珍しいことではありません。

家に帰ってきて、玄関に鍵を刺したけれど回らなかったり、鍵が刺さらなかったり、鍵が折れてしまうということもあります。

このような場合であっても、鍵を開けることが先決です。
たいていの場合、かなり鍵自体が古くなったことで回らないなどのトラブルが起こってしまいます。

せっかくなので、この機会に新しい鍵に変えたほうがいいのではないかと進める修理業者は多いです。
最新式のなかなか簡単に開けることができないタイプの鍵に交換するいいチャンスではないでしょうか。

これまで使っていた鍵も使い続けることを勧められるような状態ではないですから、交換してしまう人がほとんどです。
特に玄関が開かないというわけではないけれど、様々なわけがあって鍵を交換したいという人もかなり多いです。

マンションへ引っ越してきたものの、鍵を新しく交換していないことがわかり、自分で交換することになったという人もいます。

必ずしも大家さんのほうで鍵を新しくするとは限らないということです。
前の住人とのトラブルが起こってはいけませんから、危険を回避するために依頼するというわけです。

その他のトラブル

また、元交際相手に合い鍵を渡したけれど、返してもらえなかったので、玄関の鍵を変えてしまうという人も多くいます。
自分の留守中に部屋の中に入ってくるということも恐ろしいですし、在宅中に入って来られても困ります。

自分の身を守るために鍵を交換するというわけです。
また、古くなった金庫などが開かなくなったというトラブルも聞きます。

かなり古いタイプの場合は開けること自体に時間がかかりますが、ほとんど開けることができます。
あまりにも古くて全く開け方がわからないという場合であっても、鍵修理業者に頼んでみてください。

いろいろな鍵にまつわるトラブルがあるものです。
だいたいこのようなトラブルが多く依頼されていますが、様々なケースに鍵修理業者は対応しています。

鍵のメンテナンスの方法

基本的なメンテナンス法

誰もがご家庭でできる鍵のお手入れ法として、
まずは一般的なシリンダー錠のメンテナンス方法をご紹介したいとおもいます。

掃除機を用意して、そして掃除機を鍵穴につけて左右に振ってください。
これによって鍵穴の中に入り込んでいるゴミを吸い出していくのですが、
意外にも掃除機を使うと簡単にゴミが取れます。

掃除機が大きくて使いにくいといった場合は、
パソコンのキーボード用のエアダスターなどゴミを飛ばすツールを利用してもいいでしょう。

次に鍵穴を回す鍵のほうもお手入れが必要で、古い歯ブラシなどを使って軽くお掃除しましょう。
力を入れ過ぎると鍵が傷ついてしまうので、優しく行うのが賢明です。

特にディンプルキーは凹凸の部分が多く汚れがたまりやすいため、定期的にお手入れが必要です。
丁寧にブラッシングし、鍵穴が回らないといったトラブルが起きないよう気を付けましょう。

本格的なメンテナンス

鍵穴、鍵の基本的なお手入れが済んだら、少し本格的なメンテナンスを行っていきます。
鍵穴にそのメーカーが指定する専用の潤滑剤を、少しだけで大丈夫なのでスプレーしてください。

これは油分を含まないパウダータイプのスプレーで、滑りをよくすることが可能です。
油分が含まれた市販の潤滑油を使わないよう気を付けてください。

CRCやシリコンスプレーは鍵穴の内部を防いでしまう可能性がとても高いため、
動作不良や故障の原因になりますので注意しましょう。

専用のパウダースプレータイプの潤滑剤が手に入らない場合や、
コストを抑えたい場合、気軽にお手入れしたい場合には鉛筆の黒鉛でも代用可能です。

鍵の切り込みを鉛筆で強めに黒くなぞったら、それを数回にわたって鍵穴に抜き差してください。

その後、鍵についた黒鉛はキレイにふき取ります。
シリンダー以外の錠前のメンテナンス方法についても、見ていきましょう。

錠前の表面に泥や汚れをつけたまま放置すると、
化学的反応が生じて表面が錆びたり塗装が剥れることがあります。

そのため、表面をキズつけない柔らかい布でお手入れするのが基本です。
また、汚れの種類によってもメンテナンス方法が異なります。

汚れの落とし方

水では落ちにくい汚れの場合、まず、中性洗剤と柔らかい布で優しく拭きます。
固いブラシやタワシを使い、薬品を使うことは錠前を傷めるので適しません。

その後、中性洗剤が残らないようキレイに水拭きし、
サビないように柔らかい布で水気を完全にふき取ります。

この時も、ゴシゴシこすらないように気を付けてください。
風雨による汚れの場合は、洗剤は用いなくても落ちるでしょう。

水拭きのあと、柔らかい布でしっかり水気を拭きとります。

軽い汚れや定期的に行うお手入れなら、柔らかい布での乾拭きだけで十分です。

防犯性の高い鍵の種類

空き巣の被害

外部から家人以外が入ってこないようにするためには、鍵は必要不可欠です。
ただ、鍵を掛けていても実は空き巣被害等はなくなっていません。
しかもその手口は巧妙かつ悪質化が進んでいる為、家の中の物や家族を守るためにもしっかりと防犯について考える必要があるのです。

そんな時はやはりまずは鍵を何とかするのが重要なのですが、もし1つしか付けていない人がいたら、まずは補助錠を使うようにしましょう。

ワンドアツーロック、これは基本であり、それと同じ位重要なのは防犯性の高い鍵を使うという事になります。
では一体、その鍵とはどんな感じの物なのでしょうか。
まずマンション等で多く使われるようになってきているのが、指紋認証キーです。

これは勿論指紋を登録して利用する事になりますが、鍵等を必要としないので紛失の心配もありません。
勿論鍵穴がないのでピッキングの被害にも遭う可能性はなく、その点に関する心配は不要です。

勿論、これは一戸建てでも使うことができるし、オフィスでも使えるので手軽に防犯効果を高めたいと思うのであれば非常に便利な物と言って良いでしょう。

また耐ピッキングシリンダー錠もお勧めです。
これは一般的な鍵の様に見えますが、今までの物に比べるとピッキングで開錠するまでにかなりの時間を必要とします。

空き巣に入る側から言うと、簡単に開ける事ができなければ出来ない程、その家を狙いたくはなくなるので、これを利用するのはお勧めです。

また防犯性の高い物、開錠までに5分以上かかるものにはCPマークが付いているので、マークが付いている物を探しましょう。

暗証番号錠

鍵を持ち歩きたくないと思うのであれば、暗証番号錠もお勧めです。
この場合、自分が決めた番号を入力すれば開錠されるので、鍵を持ち歩く必要は全くありません。

しかし暗証番号に関しては、推測されやすい物にしてしまうことがあるので、コレを使う時は出来るだけ推測されにくい物にしましょう。

例えば車のナンバーとかにしてしまうと、簡単にわかってしまう事があるので注意が必要です。
また、暗証番号を入力しているところを見られてしまうとそれでばれてしまうので、入力している時、どのボタンを押しているかが分からないようにしておきましょう。

これ以外にも防犯性が高い鍵があるので、自分の生活習慣や予算等を考えて自分に合っている物を選ぶのが重要です。

防犯は他人任せにするのではなく、自分が主体になって行わなければいけません。
出来るだけ防犯効果を高くするためにも、鍵選びはしっかりと行いましょう。