ウエーブキーとはどのようなカギのことを言うのでしょうか。
ウエーブキーは、車で使用するカギの一つの種類のことを言います。
車のセキュリティー、防犯をより意識し、ギザギザのカギからウエーブキーなどが使用されるようになって来ました。

車のセキュリティーを守る

実際にどんどん車が盗まれる事件が増え続けている事態をご存じでしょうか。
車は、私達の暮らしの中でも家の次に高価なものなので、しっかりセキュリティーの意識も持っていかなければなりません。

あのギザギザのカギでは、防犯性には欠け、実際にカギ穴から、針金を使って、簡単に解錠も出来てしまうと言います。
ウエーブキーは、カギの側面に波のような凹凸があることから、彫刻キー、またはサイドワインダーキーと呼ばれることもあります。

車の不正解錠対策

車社会の日本において、真剣に見つめていかなければならない問題は、車の不正解錠対策です。
トヨタ、ホンダなど、しっかり不正解錠対策を認識し、トヨタなどは結構その頑張りはきわだち、ロードサービスに加盟しているカギ屋でも、トヨタ車だけは断るというケースもあると言います。
セキュリティーが守られる安心感はここに存在はしているものの、このように開けたい時に開けることが出来ないデメリットもいささか抱えてしまっているようです。

ウエーブキーの特徴

さてウエーブキーは、どのような特徴をもっているカギなのでしょうか。
それは、ギザギザのカギを逸脱したカギの一つです。

ギザギザのカギ以上に高いレベルの技術が必要になって来ます。
実際に、ギザギザのカギを作ることが出来ても、ウエーブキーは作ることが出来ないというカギ屋も結構多いと言います。

日本国内でのウエーブキーの支持

一言で言ってしまえばウエーブキーは、ウエーブキーなのですが、ウエーブキーの中にもいろいろな種類があり作られています。
トヨタも、ウエーブキーには積極的に注目をして、防犯性・不正解錠対策にかなり力を入れている訳ですが、カギ本体というだけでなく、カギ穴にもハーフピンと呼ばれる特殊な部品を使用すると言ったしっかりした防犯対策が取られていたりします。

トヨタの車は、実際に解錠に大変難しいかなりレベルの高い車なのです。
隠しピンがあるから、ドアのカギ穴からたとえカギを作って入れたとしても、エンジンのカギ穴のピンの数が違うので、エンジンをかけることが不可能です。

ホンダでも、ウエーブキーは、注目をしていますが、それはトヨタのウエーブキーとは形状が違うものです。
他のウェーブキーはカギの内側に溝を彫りこんだような形になっていますが、ホンダの場合は独自開発のフォートラックと呼ばれる外側を削ったような形になっています。

あなたの財産にも匹敵する車だから、しっかりセキュリティーのことまで意識していかなければなりません。
車のカギもこのように進化しています。