サムターン

家の内鍵「サムターン」

外から見れば鍵穴になっているドアも、家の内側からみれば「つまみを回すだけで鍵を閉めることができる」というタイプになっていることが多いです。
自宅の鍵を見てみて下さい。内側を見ると、そこにはつまみがあって回すことができる様になっていますよね。
この内鍵のことを「サムターン」と呼んでいます。

家に住んでいる人が自分で手軽に鍵をかけることができ、かつ取扱も楽であることから、多くの住宅に使用されています。
しかし、このサムターンを悪用して泥棒に入る手口も増えているそうです。

「サムターン回し」という犯罪

ピッキング被害を防ぐためには、鍵をしっかりと複雑なものにしておく。
そう言われることも多いですよね。
だから、ピッキングしやすいと言われる鍵は交換をした方がいいと言われることもあるでしょう。
でも、このサムターン回しをやられてしまうと鍵を交換しても意味がありません。

どんなに複雑な鍵であったとしても、その後ろがサムターンであれば「外から何らかの方法を使って内側からサムターンを回し、鍵を開ける」ということができるからです。
鍵をどんなにピッキングに強いものに変えたとしても、後ろから手を回してサムターンをいじられたらひとたまりもありません。
このため、最近は「ピッキングより怖いサムターン」としても有名になっているそうです。

サムターンの手口とは

とはいえ、家の内側にあるサムターンにどうやって手を伸ばすのか、という疑問がありますよね。
まず、よく言われるのは「郵便受けの部分から機材をいれ、サムターンを開ける」というもの。
自宅の郵便受けをよく見てみてください。
もし、その郵便受けが簡易的なものであれば、もしかしたらサムターンを使われてしまうかもしれません。

大胆にも、ドアに穴をあけてそこから機器を差し込み、サムターンを行うということもあるそうです。
こんなことが住宅で可能なのか?と言われるかもしれませんが、実際にサムターンによる被害は非常に多く社会的にも警笛がならされています。

最近はさらに悪質な手口も出てきて、「ドアにサムターン回しの痕跡を残さないように、ドアの隙間から機器を入れて鍵を回す」ということもあるそう。
これは、実際にやろうとして捕まった犯人もいます。
鍵と言えば、つい表からみたものばかりを想像してしまいますが、「カギというのは裏にもついている」ということをきちんと把握しておかなければなりません。

サムターンに関しては、サムターンを予防することができるような機材も販売されています。
押してからつまみを回すタイプのものは、きちんと水平に力を入れないと鍵を開けることができないものもありますので、ぜひ利用してみてください。