ピンシリンダー

実は、シリンダーにも種類がある

「シリンダー」というと、一般的には賃貸マンションやアパートで使われるあの鍵を連想するのではないでしょうか。
おそらく、私たちが一般的に一番よく見かける鍵が「シリンダー」です。
このシリンダー、おそらく多くの人は「ピッキング被害」を連想すると思います。

多くの物件に使われていたシリンダー錠は、それだけにピッキング被害に遭いやすく「早めに付け替えを行った方が良い鍵」と言われていました。
実際、シリンダーが付いた家がピッキング被害に遭うというケースは珍しいものではありません。

そのことを考えると、シリンダーを警戒する人が多いのも仕方がありません。
ある意味、悪い意味で有名になってしまった鍵であると言えるかもしれません。

ピンシリンダーの特徴とは

見たことがある人が多いと思いますが、ピンシリンダーは鍵の左右どちらかにピンが並んでいて、もう片方にはそれがありません。
見るだけで「ピンシリンダー」とわかる形をしています。

このピンの形が一定であることから、このピンシリンダーについて「使いにくい」とする人も多いとか。
一般的に、このピンの数が多ければ多いほど「ドアをあけるのが難しくなる」ということですが、それでもピッキングのプロは簡単にあけてしまう鍵なので、やはり防犯対策としては弱いと言えるでしょう。

最近の対策

とはいえ、鍵業界もいつまでもやられっぱなしではありません。
ピッキングに弱いと言われていたこのピンシリンダーですが、今は不正ができないような工夫が施され、簡単にはピッキングができないようになっています。

最近は「住宅のドアにピンシリンダーを使わない」というところも増えてきました。
家の鍵ではなく、もっと簡易的なところに使うことを選択している人も多いそうなので、そういったことも考えながらピンシリンダーについて考え直してみることもお勧めします。

また、ピンシリンダーを使うにしても「できるだけピンが多いものを使う」ということで、ある程度はピッキングを回避することができることが解っています。
ただ、それでもピッキングに弱いと言われていることは事実なので、できれば他の鍵と併用して使うか、治安が悪いところは鍵を付け替えるなどの対策が必要かもしれません。

いずれにせよ、「ピンシリンダーはピッキングに弱いので、そのことを頭に入れながら使用する」ということは必要になるかもしれませんね。
時期が来たら付け替えを考えてもいいので、住宅事情に合わせて自分の家に合った対策を考えてみて下さい。
まずは、ピンシリンダーの脆弱さを知ることが一番重要かもしれません。