コンストラクションキー

コンストラクションキーは一般の人が使用する機会はほとんどないカギです。
特殊な仕様になっており、玄関ドアのリフォーム、そして大規模に行われるカギ交換という場合によく使用されます。

コンストラクションキーって何

コンストラクションキーって一体なんなのでしょうか。
ごくごく判りやすい表現をすれば、それは、 工事用業者のためのカギです。
オーナーキーや子鍵を差込むとコンストラクションキーは使えなくなってしまうという仕組みになっています。

コンストラクションキーが家を引き渡すまで守ってくれる

それぞれの業者がお家を建てるという時に、サッシ、ドアが入る段階において、まだ内装や電気業者の工期が残っていたりします。
その間にも家屋をしっかり守る必要があり、その期間をしっかり管理をするために使用するのがコンストラクションキーです。

家に住む方が本来使うべきカギを全然知らない誰かが既に使用していると言うのは、セキュリティーの問題的にも決して好ましいことではありません。
実際に新しい家に住むという時に、誰か知らない人たちが同じカギを持って自由に家に出入り出来る状況が出来ているかもしれません。

そのような心配を回避するために存在しているものがコンストラクションキーということになります。
玄関ドアリフォームという時も同じです。
施主様には、あらかじめオリジナルキーを渡すことで間違いなく安心されるはずです。

コンストラクションキーのシリンダーの構造

コンストラクションキーのシリンダーの構造は、メーカーや方式によって様々です。
MIWAのディスク、旧式のU9などの場合は、タンブラーの一部を固定することで、稼働する領域だけに対応する刻みのキーになっていました。

一方、GOALのV-18などは、ギアのかみ合わせを変えることで使えるカギも変わるチェンジキーと同じように、工事中に利用していたタンブラーをボールに落とし込むことでコンストラクションキーが使えなくなります。
この手法があれば、工事中に使用していた工事のためのキーが、工事が完了しその時もしも完全に回収されなかったという場合でも、キーを意味ないものとし、居住者に渡された新しいキーによってのみ施開錠できるようにすることが出来ることに大きなメリットがあります。

工事が完了した後は状況に応じて、マスターキーも使えなくなるCNシステムと、マスターキーは残しておくCNMKというシステムのどちらも選択することが可能です。
ただし、一度装置を消滅させてしまえば、二度と復元することができませんので、子鍵の取り扱いには呉々も注意をするようにしてください。
そして、ピンシリンダーのみが該当します。

コンストラクションキーって、確かに私達が日常生活においてあまり聞く名前ではありません。
しかし、コンストラクションキーが存在しているから、私達の日常生活が守られていると言っても決して言い過ぎではありません。
セキュリティーを守るためにコンストラクションキーは当たり前のことなのです。

ブランクキー

みなさんはブランクキーをご存じでしょうか。ブランクキーは、錠前メーカー会社がカギを複製するというときに使用する加工の一歩手前の合い鍵の材料のことを言います。
ブランクキーの種類は数千種類相当にもなります。
ブランクキーは多種多様であり、オーソドックスな分野では家庭の玄関錠のものや、自動車のものやら、さらにキャビネットや倉庫、そして小さい南京錠のカギまで、数千もの種類は存在していると考えられます。

ブランクキーは今後の合い鍵作成には不可欠

まだまだみなさんにとってそれほど知名度がないブランクキーが今後の合い鍵作成において不可欠となります。
「ディンプルキーマシン」によって加工される合い鍵は今後もっと主流になってくると考えることが出来ます。
実際に導入するためには、マシンなど初期の投資する費用を費やすことになりますが、現在の市場がどうかということを考慮すれば、十分に購入して、採算に見合うことが可能である考えることが出来ます。

F番号のブランクキーは約190種類

F番号のブランクキーは約190種類あります。
メインとしてディンプルキーの合い鍵を作製するためのブランクキーなのです。
「F109」、「F115」、「F116」、「F125」、「F111」と言ったアイテムはGTS番号の商品を上回るペースで現在多く流通をしています。

MT番号ブランクキーは約20種類

そして、MT番号のブランクキーは約20種類程度用意されています。
車の合い鍵という中でもディンプルキーマシンを使用して作製するブランクキーです。

大事なポイントは他のお店とどのように差別化して行くということであり、流通量の多いブランクキーをしっかりキープしておくモチベーションこそがお客様のニーズに応える店舗になりうると考えます。
このような方法によって競合していくお店との差別を明確化して行くことが出来ると考えます。
A・AL・S・K・CYと言ったラインアップの中でも特別に流通量の多いブランクキーはいくつも存在しています。

A番号ブランクキーは約680種

A番号ブランクキーは約680種類あります。
それは、用途によってなかなか市場に出回りにくい合い鍵を作製するためのブランクキーなのです。
「A634」、「A663」、そして「A640」や「A570」「A637」、「A628」などブランクキーは専門店でないとう場合でも持っていて決して損しないブランクキーです。

AL番号ブランクキーは11種

H番のLONGタイプの合い鍵を作るためのブランクキーです。
そして、更に海外メーカーの住宅の合い鍵を作るためのS番号ブランクキーは約160種ほど、 海外メーカーの車・バイクの合い鍵を作るためのK番号ブランクキーが約250種ほどあります。
更に自転車の合い鍵を作るためのもの、住宅や机、ロッカー、南京錠の合い鍵を作るためのブランクキーなどがあります。

マスターキー

マスターキー(master key)とは形状の異なる複数の錠を開けることが可能な特殊な合カギのことをさします。
カギは、私達のセキュリティーを守ってくれるものであり、形状は、それぞれ違うというのは当たり前な常識です。

誰もがカギを持ち、そのカギはそれぞれ違うものです。
当然セットでないカギと錠の組み合わせということでは開錠はできません。

しかし、実際にある特別なカギだけはそうではなくてこのカギが一つあれば、全部の錠を開錠することが出来てしまうのです。
そのようなカギをマスターキーと一般的には言います。

マスターキーの種類

そして、マスターキーにもいろいろな種類があります。
まず、いろいろな存在するマスターキーの特徴を一つに併せ持つ上位レベルの互換性をもつキーがあります。

マスターキーは、なぜたった一つと言うのに全部の錠を開けることが出来たりするのでしょうか。
それは錠穴がそもそも、個々に対応するカギのほかにもうひとつ、マスターキーの形にも対応して解錠できるように設定されているからなのです。

マスターキーの使用を想定していないカギ穴よりも構造はかなり複雑に作られていることになります。
マスターキーがどのようなシーンで利用されているかと言えば、ホテル、マンションと言った場所が一般的です。
しかし、普通の人たちは、マスターキーの存在も知らず、そして、マスターキーを見てもそれがマスターキーであることがなかなか判らないかもしれません。

マスターキーのシステム

マスターキーで、開錠するシステムのことをマスターキーシステムという言い方をします。
そのようなシステムがマンション、ホテルなどで採用されていたりします。

賃貸物件のオーナーやホテル管理者がマスターキーを管理することになりますので、そのような人たちがしっかりセキュリティーの自覚をしっかり認識・理解をしなければなりません。
マスターキーシステムでのそれぞれの扉の錠前は、基本的にはシリンダー錠です。

ピンシリンダーという場合には、カギをシリンダーに差し込み行い、それぞれピンタンブラーの上ピンと下ピンとの間を揃えて開錠することになるのですが、このマスターキーシステムという場合において、錠前専用のカギに対応したシアーラインとは別で、マスターキーに対いるシアーラインを設定し、マスターキーによる開錠が可能になります。
個々それぞれの錠前の専用カギでは、ほかの戸室部屋の錠前を開錠することはできません。

さらに、複数の違うカギを使ってひとつの錠前を開けることができるような仕組みのことを、逆マスターシステムといいます。
こちらはマンションの玄関や非常口、ゴミ置き場といった共用の扉を、それぞれの部屋のカギを使って解錠できるようにする場合などに用いられています。

マグネットキー

ここでは、マグネットキーのしくみなどについてお話しをします。
セキュリティーのために、シリンダー錠をと思いつく人たちもいるかもしれませんが、かなり精巧なシリンダー錠でも、安全をしっかり守ってくれるものではありません。

コピーをし続けると、段々とギザギザのパターンがずれてしまい、 カギと言うのに開閉に支障が出るという場合もあります。
セキュリティーのためにシリンダー錠と思うものの、シリンダー錠は、デメリットがあり、デメリットを解消するために登場したものが、マグネットキーとも言えます。

マグネットキーのメリット

電子錠とも言われているものが、マグネットキーです。
カギの一番オーソドックスな形といえば、誰もがあのギザキザを思い浮かべることでしょう。

マグネットキーは、カギの概念を逸脱し、そのギザギザのイメージを回避することも出来ています。
思えばギザギザのあるカギは、随分ダサく、それでも仕方なしに持っていたという感じではないでしょうか。

マグネットキーは見た目もとてもスマートで持っていて全然格好のいいカギなのです。
しかし、マグネットキーもよく見れば、黒い斑点のようなものを見ることが出来ます。

マグネットキーの黒い斑点

マグネットキーの黒い斑点、それは一体なんなのでしょうか。
その黒い斑点の正体は、鍵に埋め込まれた小さなフェライト磁石なのであり、まさにこれはマグネットキーたるゆえんです。
細い針金を黒い斑点に近づけてみれば、ひっつくので、すぐにマグネットだということが判るはずです。

しかし、もう一点注意をして見ていただきたいのですが、黒い斑点の中に、マグネットとなっていないものもあるということです。
黒い斑点は、マグネットとマグネットではない偽物とが混在しています。
マグネットキーは、マグネットの偽物を含めて、2の7乗=128の組み合わせを作り出しているのです。

実際に私達のセキュリティーをしっかり守るためには、2の7乗=128では足りません。
更にマグネットキーでは、N極が露出、S極が露出ということも関係し、更にまた凹凸によっての方法も併用し、更に数多くのパターンを作り出しています。
実際に、セキュリティーの問題上、これ以上のことが詳しく語られている訳ではありませんが。

マグネットキーを紛失した

マグネットキーを紛失した時、合い鍵はどのようにして作ればいいのでしょうか。
まず、錠前屋さんにお願いすれば、特殊な装置で、鍵穴からセンサーを差し込んで、磁石の組み合わせをチェックして行きます。
コソ泥が家に進入するためにもそのような装置が必要ということになります。

組み合わせが分かっていたとしても、合鍵をつくるのに特殊な道具や部品が必要です。
シリンダー錠よりはかなりセキュリティー性の高いカギです。