マスターキー(master key)とは形状の異なる複数の錠を開けることが可能な特殊な合カギのことをさします。
カギは、私達のセキュリティーを守ってくれるものであり、形状は、それぞれ違うというのは当たり前な常識です。

誰もがカギを持ち、そのカギはそれぞれ違うものです。
当然セットでないカギと錠の組み合わせということでは開錠はできません。

しかし、実際にある特別なカギだけはそうではなくてこのカギが一つあれば、全部の錠を開錠することが出来てしまうのです。
そのようなカギをマスターキーと一般的には言います。

マスターキーの種類

そして、マスターキーにもいろいろな種類があります。
まず、いろいろな存在するマスターキーの特徴を一つに併せ持つ上位レベルの互換性をもつキーがあります。

マスターキーは、なぜたった一つと言うのに全部の錠を開けることが出来たりするのでしょうか。
それは錠穴がそもそも、個々に対応するカギのほかにもうひとつ、マスターキーの形にも対応して解錠できるように設定されているからなのです。

マスターキーの使用を想定していないカギ穴よりも構造はかなり複雑に作られていることになります。
マスターキーがどのようなシーンで利用されているかと言えば、ホテル、マンションと言った場所が一般的です。
しかし、普通の人たちは、マスターキーの存在も知らず、そして、マスターキーを見てもそれがマスターキーであることがなかなか判らないかもしれません。

マスターキーのシステム

マスターキーで、開錠するシステムのことをマスターキーシステムという言い方をします。
そのようなシステムがマンション、ホテルなどで採用されていたりします。

賃貸物件のオーナーやホテル管理者がマスターキーを管理することになりますので、そのような人たちがしっかりセキュリティーの自覚をしっかり認識・理解をしなければなりません。
マスターキーシステムでのそれぞれの扉の錠前は、基本的にはシリンダー錠です。

ピンシリンダーという場合には、カギをシリンダーに差し込み行い、それぞれピンタンブラーの上ピンと下ピンとの間を揃えて開錠することになるのですが、このマスターキーシステムという場合において、錠前専用のカギに対応したシアーラインとは別で、マスターキーに対いるシアーラインを設定し、マスターキーによる開錠が可能になります。
個々それぞれの錠前の専用カギでは、ほかの戸室部屋の錠前を開錠することはできません。

さらに、複数の違うカギを使ってひとつの錠前を開けることができるような仕組みのことを、逆マスターシステムといいます。
こちらはマンションの玄関や非常口、ゴミ置き場といった共用の扉を、それぞれの部屋のカギを使って解錠できるようにする場合などに用いられています。