ICキー錠とは、今まで私達が持っていたカギの概念とはまた違うカギのことを言います。

ICキー錠とは

ICキー錠は、キーの中に、ICチップが埋め込まれており、錠の本体と情報のキャッチボールをして、照合によって解錠するという方法を取ります。
カギをカギ穴にさすという形式ではなく、多くは非接触で、情報のやりとりをして行きます。

私達の生活でもうこのような方法は、決して珍しいものではなくて、JRの「Suica」、「Edy」、更にクレジットカードには、大いに取り入れられている方法です。
そして、そのような方法をカギにも取り入れられたものが、ICキー錠と言うことになります。
錠前が対応しているICチップが埋め込まれているものなら、携帯電話、更にクレジットカードなどをカギとして、登録して使用することも可能です。

ICとIDは違うもの

ICに詳しい、理解出来ているという人たちの中にも、IDとの違いを聞かれればなかなか答えることが出来ないようです。
ICはintegrated circuit つまり集積回路のことであり、一方、IDはidentity number 、固有番号のことです。

ICチップを内蔵するカギの中には、IDを持っているものもあります。
固有番号がIDであり、カギにとって大事なのは、いかに、固有番号のIDを、確実に、セキュリティーも意識して、認識させることが出来るかです。

電子錠などがあり、ID方式の場合、鍵から錠へとID送信するパターンのものも多く、カギから錠にIDを送信するためにIDが漏洩するリスクなどが指摘されています。
IDのセキュリティーについてしっかり追求をすれば、カギと錠の関係において、お互いの高度な暗号通信が必要となり、その役割を担うものがICチップということになります。

ICカードキーシステムのメリットデメリット

カギの概念の上を行くICカードキーシステムですが、カギの持ち主が変わったり、または鍵をなくした時、更に交換したい時に、簡単な作業で前の鍵を使えないよう、カギ情報を削除することが出来ます。
そして、ICカードキーシステムなら、ワンタッチで解錠出来るメリットがあります。

賃貸マンション、寮、ホテルというスポットでは結構ICカードキーシステムが利用されていたりします。
ただし、ここにデメリットもない訳ではありません。

それは、磁気カード・古いカードキーが擦り切れてしまい読み込みにくくなるケースもありますし、カードを紛失したり、盗まれると簡単に他人が出入りできしてまい、後で削除をしなければなりません。
曲がったり折れたキーは使えないですし、停電時は一時使用できないということがあります。

私達はカギについてセキュリティーレベルがどうかということをしっかり追求していかなければなりません。
セキュリティーに強いカギはまだ高価かもしれませんが、それでもやはりそのようなものを検討しなければならない時期にさしかかっているのかもしれません。