ハンズフリーの鍵

最近流行のハンズフリー

最近巷で流行しているのが、ハンズフリーの鍵の存在です。
皆さんは、ハンズフリーの鍵の存在についてご存知ですか?

ハンズフリーの鍵というのは、その名前の通り「手で持たなくてもいい鍵」のこと。
この鍵が、わりと色々なところで使われるようになり、注目を集めている様です。

鍵を開けるとき、ポケットやバッグからわざわざ取り出して鍵穴に鍵を差し込んで…という風にやるのは面倒だと思いませんか?
よくあるのが、バッグの中に鍵が紛れ込んでしまって「なかなか見つけることができない」というケースです。

その場合、バッグの中をひっくり返すようにして鍵を探さなくてはなりませんから、とにかく面倒くさいですよね。
でも、そういう時に「鍵を探さなくていい、ただ持っているだけで自動的に鍵を開けてくれる鍵」があったらどうですか?「すごく便利!使いたい!」と思いませんか?
ハンズフリーの鍵には、そういうメリットがあります。

最近はこのハンズフリーの鍵をメインに使用する人も増えてきていて、だからこそ「便利で使いやすい鍵」として幅広く認知されてきていると言えるでしょう。

ハンズフリーの鍵の仕組み

ハンズフリーの鍵の仕組みは、家の鍵にまずアンテナがついています。
そのアンテナの近くまで鍵を持っていくと、勝手に鍵が開く仕組み。

もちろん、手に持っているのではなくバッグに入れているだけでも鍵を開けることができますので、そういう意味でも使いやすいでしょう。
わざわざバッグから出して使うということがありませんからね。

そして、鍵がアンテナから遠ざかると自然に鍵をかけてくれます。
アンテナと鍵が勝手にやりとりをして鍵を開けたりしめたりしてくれますから、そういう意味でハンズフリーの使い勝手はとってもいいと言えるでしょう。

しかも、この鍵を自宅付近で落としたとしても、歩いているときにおきる揺れを感知しなければ「落とした」と勝手に判断をしてくれて、鍵が開かないようにしてくれます。
万が一のときのことまで考えられている鍵なので、使い勝手がいいと言えるのではないでしょうか。

万全のセキュリティをしたいと考えている人に

このハンズフリーの鍵は、やはり「万全のセキュリティ対策をしたい」と考えている人にオススメ。
鍵を落とした時のことまで考えて、セキュリティ対策をしてくれているのがいいですね。

セキュリティ対策というのは「やりすぎ」というものがありませんから、できればしっかりとその対策について考えてくれているものを選び、それを利用することが望ましいでしょう。
これから鍵をつけようと考えている人は、このハンズフリーの鍵を使ってみてほしい。そう思いますね。
安心して生活できることまちがいなしです。