ピッキングに弱いと言えばディスクシリンダー

恐らく、「シリンダー錠はピッキングに弱い」という印象をつけたのはこのディスクシリンダーだと思われます。
ディスクシリンダーは「ディスクタンブラー」というものから作られた鍵のことで、日本の住宅の多くがこのタイプの鍵を利用しています。

特に賃貸物件の場合、このディスクシリンダーを使用している人が圧倒的に多いでしょう。
日本で一番多く使用されている鍵といっても、過言ではありません。

このディスクシリンダーは安いコストでたくさん作ることができますし、配列を複雑にすることもできますので、非常に使い勝手の良い鍵と言われていました。

これだけたくさん出回っているところを見ても、このディスクシリンダーが極めて優秀だと言われていたというのは解るでしょう。鍵をよく見ると解りますが、差し込むところが「く」の形をしているために、鍵穴に工具を入れようとしても入りません。このことが、「高い防犯性」と言われていたこともありました。

しかし、ディスクシリンダーはピッキングに非常に弱いと言われている鍵です。
なぜなら、このディスクシリンダーがつくられた時代には「カギをこじ開けて中に侵入する」という概念氏のものがありませんでした。つまり、ピッキングを想定せずに作られた鍵なのです。

安くたくさん作ることができ、さらにはたくさんの種類を作ることができると言われたディスクシリンダー。
でも、その後にピッキング被害に遭いやすいことがわかり、その後も対策はとられていません。

性格に言うと、ピッキングに弱いことが解ってから「ピッキングをするのに時間がかかる様にした」という改良はあっても、ピッキングそのものを防止するような対策をすることはできなかったのです。
このため、現在も「ピッキングしやすい鍵」として知られてしまっています。

女性の場合は、付け替えることも視野に

このディスクシリンダーはピッキング被害に遭いやすいので、特に女性の一人暮らしの場合は「鍵をつけかえる」という選択も必要になるかもしれません。大げさと言われるかもしれませんが、女性の場合はどんな対策をしても「やりすぎ」ということはありませんので、きちんとピッキング対策をすることが必要になるでしょう。

マンション内の住人に襲われるケースもある世の中です。そのことを考えれば、鍵への対策だけはしっかりと行っておいたほうがいいです。

また、治安が悪いと思われるところも同じ。
治安が悪いところは犯罪も増える傾向にあるので、それを防ぐことができるような対策をとっておくことが必要になるのではないでしょうか。場所によっては、すぐにでも付け替えをした方が良いケースもありますので考えてみて下さい。