ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダーとは

シリンダーと言えば、長く「ピッキングをされやすい鍵」と言われていました。
正確にいうと、ピッキングしやすいと言われていたのは「ディスクシリンダー」という名称の鍵です。
ディスクシリンダーは日本で一番よく利用されている鍵と言っても過言ではなく、確かにあらゆるところで見かける鍵です。
おそらく、賃貸物件のほとんどはディスクシリンダーを使用しているのではないでしょうか。

ディスクシリンダーは、ピンの種類をかなり多く作ることができるという大きなメリットがあるものの、ピッキングの可能性を想定していないために「ピッキングされやすい」という大きなデメリットもあります。
このため、ピッキングされやすい鍵として今も認知されており、「シリンダーの根本的な改善」が求められるようになりました。
そのことがあってか、今は同じシリンダー錠でもより防犯性の高い「ディンプルシリンダー」という鍵が開発されました。

ディンプルシリンダーは、ピンの部分に細かい凹みのようなものがたくさんついている鍵のこと。
通常、シリンダー錠はピンがたくさんついていて、それを鍵穴に入れて回すことであけることができます。
ディンプルシリンダーの場合は、「く」の字の形をしてることも特徴ですね。
でも、ディンプルシリンダーにはまず「ピンを作る」という発想がありません。

これでどうやってあけるのかというと、実は鍵穴の中がとても複雑な構造になっていて、簡単には開かないようになっています。
シリンダーはピッキングがしやすい、そんな概念を取り払ったのがディンプルシリンダーなのです。

このディンプルシリンダーは、同じシリンダー錠のディスクシリンダーよりずっとピッキングに強いので、利用することで安心して生活できること間違いなし。
私たちを守ってくれる、とても心強い鍵のひとつです。

ディンプルシリンダーはどんなところで使われているの?

ディンプルシリンダーは、本当にいろいろなところで使用されています。
今は住宅でもディンプルシリンダーが選ばれているところがありますし、他のシリンダー錠を使っていたところがこのディンプルシリンダーに取り換えることもあるなど、多方面で利用されているといえるでしょう。
今後も、ディンプルシリンダーはますますシェアを伸ばしていくと言えそうです。

ピッキングしやすいと言われていたシリンダー錠ですが、今はディンプルシリンダーができたので必ずしもそうとは言えなくなってきました。
ディンプルシリンダーの存在は、シリンダー錠への概念を変えたと言っても過言ではありません。
また、シリンダー錠の可能性を広げた存在であるともいえるでしょう。今後、どんどん活躍していく可能性のある鍵です。