周囲を見回せば、いろいろなタイプのカギがあることに気づかれるはずです。
ちょっと以前の日本と比較をすれば、随分物騒な世の中になりました。

我が身は、自分がしっかり守る必要があります。
それは、ストレートにカギに結びつくことではないでしょうか。

カード錠とは

カード錠とは、カギが薄いカードになっている錠前のことを言います。
ただし、実際にカード錠のことを語れば、それはもっと奥が深いものです。
カードにマグネットが内蔵されていて、配列で開錠をするものや、 カードにパンチ穴があいていて、配列で開錠するもの、 カードにICチップが埋め込まれていて、情報の読み取りをして、開錠するもの、 カードに磁気テープが貼りつけてあって、情報を読み取って照合するというものなどがあります。
そして、更に私達のセキュリティーを守るためには、今お話しした原理を組み合わせた「ハイブリッドタイプのカード錠」などがあります。

非接触ICカード錠とは何か

非接触ICカード錠とはなんなのでしょうか。
更にどんどんと上を行くカード錠が誕生して来ており、非接触ICカード錠は、かなり最新の技術レベルのカード錠と言えます。
非接触ICカード錠、それは、ICチップが内蔵されているカードであり、それを錠前の読み取り部分に近付けるだけで、非接触で開錠することが出来るものです。

ICキー錠とタイプは似ていることは似ています。
ICチップさえ入っていれば鍵の形状が問われるということはありません。

カードキのメリットデメリット

このカードキーの場合、カードキーの中のIC情報を錠前に登録したカギの情報と照合し一致した場合開錠できる鍵である場合、メリットは、鍵の持ち主が変わったり、鍵をなくした時や、更に交換したい時には、ごくごく簡単な作業で前のカギを使えないようカギ情報を消して、新しい鍵に登録しなおす事ができます。
ワンタッチで開錠できるので操作性に優れ、しっかり私達のセキュリティーは、カードキーによって守られるはずです。

最近ではこのようなカードキーを、賃貸マンションでも見かけるようになって来ましたし、ホテルなどでも採用している方法です。
そして、企業では、社員証の代わりに、 カードキーを使うことで、 役職ごとに開錠できる権限を変化させるということも、カードキーによって簡単に出来てしまうのです。
しかし同時にカードキーにてるデメリットについても考える必要はあるのではないでしょうか。

カードキーのデメリットはと言えば、磁気カードや古いカードキーが擦り切れるということがあり、読み込みにくくなったり、カードを紛失したり盗まれたりすることで簡単に他人が出入りできることです。
更に曲がったりしたカードキーは使えなかったり、停電時は全く使用出来なかったりします。