みなさんはブランクキーをご存じでしょうか。ブランクキーは、錠前メーカー会社がカギを複製するというときに使用する加工の一歩手前の合い鍵の材料のことを言います。
ブランクキーの種類は数千種類相当にもなります。
ブランクキーは多種多様であり、オーソドックスな分野では家庭の玄関錠のものや、自動車のものやら、さらにキャビネットや倉庫、そして小さい南京錠のカギまで、数千もの種類は存在していると考えられます。

ブランクキーは今後の合い鍵作成には不可欠

まだまだみなさんにとってそれほど知名度がないブランクキーが今後の合い鍵作成において不可欠となります。
「ディンプルキーマシン」によって加工される合い鍵は今後もっと主流になってくると考えることが出来ます。
実際に導入するためには、マシンなど初期の投資する費用を費やすことになりますが、現在の市場がどうかということを考慮すれば、十分に購入して、採算に見合うことが可能である考えることが出来ます。

F番号のブランクキーは約190種類

F番号のブランクキーは約190種類あります。
メインとしてディンプルキーの合い鍵を作製するためのブランクキーなのです。
「F109」、「F115」、「F116」、「F125」、「F111」と言ったアイテムはGTS番号の商品を上回るペースで現在多く流通をしています。

MT番号ブランクキーは約20種類

そして、MT番号のブランクキーは約20種類程度用意されています。
車の合い鍵という中でもディンプルキーマシンを使用して作製するブランクキーです。

大事なポイントは他のお店とどのように差別化して行くということであり、流通量の多いブランクキーをしっかりキープしておくモチベーションこそがお客様のニーズに応える店舗になりうると考えます。
このような方法によって競合していくお店との差別を明確化して行くことが出来ると考えます。
A・AL・S・K・CYと言ったラインアップの中でも特別に流通量の多いブランクキーはいくつも存在しています。

A番号ブランクキーは約680種

A番号ブランクキーは約680種類あります。
それは、用途によってなかなか市場に出回りにくい合い鍵を作製するためのブランクキーなのです。
「A634」、「A663」、そして「A640」や「A570」「A637」、「A628」などブランクキーは専門店でないとう場合でも持っていて決して損しないブランクキーです。

AL番号ブランクキーは11種

H番のLONGタイプの合い鍵を作るためのブランクキーです。
そして、更に海外メーカーの住宅の合い鍵を作るためのS番号ブランクキーは約160種ほど、 海外メーカーの車・バイクの合い鍵を作るためのK番号ブランクキーが約250種ほどあります。
更に自転車の合い鍵を作るためのもの、住宅や机、ロッカー、南京錠の合い鍵を作るためのブランクキーなどがあります。