カギという概念は、どんどん私達の現代社会では逸脱して来ているのです。
それも、私達のセキュリティーがしっかり守られるためです。

このような頑丈なカギを作りましたということで、すぐに解錠される悪どい技術が発展し、更に悪に対抗するべき技術は進化していかなければなりません。

まさにそれはイタチごっこなのかもしれません。
そして、現在、生体認証錠(バイオメトリックス錠)の領域にまでたどり着こうとしているところなのです。

生体認証錠(バイオメトリックス錠)とは

生体認証錠(バイオメトリックス錠)、それは、カギという概念を既に逸脱する何物かなのです。
それは、指紋、掌紋、更に虹彩や網膜、声紋、顔と言った個人の特徴を認証するものによって、認証を行っていく方法のことを言います。

まさに、その許可をされた個人しか、中に入室することが出来ないので、管理、セキュリティーという面でも現在一番優れているシステムだととらえられています。
しかし、まだ虹彩認証レベルになれば、非常に高価なので、どの会社も、どの家庭も、虹彩認証という訳には行かないようです。

しかし、指紋認証錠程度なら、そろそろ家庭でも取り入れようというモチベーションが作られるほど、価格も下がり普及率も高くはなって来たようです。
そして、指紋認証錠が何かという認識も現在ではかなり多くの方々が出来ているのではないでしょうか。

指紋認証錠のメリット

セキュリティー問題を考えると、指紋認証錠も大変有効的な方法です。
それは、カギという物体がないから、カギを落とす心配もないというメリットがあります。

実際に指紋認証錠を使用している人たちの評判も結構上々のようです。
そして、オーソドックスなカギという場合には、後々町中で、カギをかけて来たかしら?などと言うことをつい思ってしまい、楽しいショッピングも心配で途中で帰宅ということもあるかもしれません。

指紋認証錠ならそのような心配もすることが全然ありません。
しかし、指紋認証錠にも多少デメリットが存在し、真剣に指紋認証錠を導入という時には、それが支障となり指紋認証錠を導入しないということもあるかもしれません。

ただし、メリットと同時に私達が知らなければならないものはこのデメリットです。
指紋認証錠という方法は、健康な成人なら間違いなく認証が出来るでしょうけど、高齢者、子供さんや、指紋が薄いという人たちや、手が荒れてしまっているという場合、認証出来ない場合もあると言います。

急いで家の中に入らなければならないというのに、本当にそのような事態になれば、とても最悪です。
ただし、現在既にコンサート会場などでも、顔認証など、生体認証錠(バイオメトリックス錠)の方法が積極的に採用されようとしています。
それは、個人をしっかり特定する方法であり、転売をさせないためにも効果的な方法ではあります。