鍵師の就職状況

最近のIT技術の進歩はカギ業界にも及び、スマートフォンのアプリを使った「スマートキー」の登場など一部では従来の鍵師の技術では対応できず、鍵師の業界を取り巻く環境は様変わりしてきた一面もあります。

個人事業者や中小規模の企業が多く、求人募集は限定的

IT化されたカギはまだ少数派で、従来の機械式のカギが必要とされる場面は多く実際に活躍しています。
鍵師は、世の中でカギが必要とされ続ける限り必要な仕事です。

そのことを考えれば、将来的にも、専門的な技術や知識を豊富に培った鍵師の需要はなくならないでしょう。
しかし鍵屋への就職を考えた場合、鍵屋は元々独立して個人事業主として開業して働く人が多いことに留意する必要があります。

また企業形態であっても中小規模であることが多く、大半の求人は期待できないのが実情です。
中には、複数の店舗を展開するチェーン店もありますが、全体的に見れば個人事業者が多いです。
そのため、就職しようと思っても、必ずしも地域・勤務時間・待遇など理想の条件を満たす就職先が見つかるとは限りません。

まず就職して自信をつけるのも成長への道

カギに関する知識や技術に自信がつけば、個人事業者として独立開業する人が圧倒的に多いです。
しかし、鍵師講習を受講したてで、腕に自信がない、開業資金なども用意ができていない場合もあります。
独立して1人で経営していくためには、顧客からの依頼を待つだけでなく、自ら営業活動もしなくてはなりません。

当然、鍵師としての実力と信頼も問われますので、簡単に成功できないのは他の職人的な仕事と同じです。
そうした場合、とりあえず何年かはカギ業界に身をおいて、腕を磨いたり、独立の準備をするなどの目的で就職を希望するケースも多いです。

就職や求人情報を効率的に集めるには

鍵師技能検定試験を実施する日本鍵師協会の講習を受講することは、検定試験合格への近道だけではありません。
日本鍵師協会には多くの鍵屋やセキュリティ関連企業などから講習を修了した人への求人募集が多数来ているようです。
実際に、全国に多くの店舗を出している大手のカギ関連チェーン店、法人・個人の中・小の鍵屋さん等にも既に数多くの講習修了生を送り出したそうです。
カギに関する職人には、特殊な知識や技術が求められるため、ハローワークなど一般的な求人のルートには向いていません。

そこで、職業技術志向が明確な日本鍵師協会など専門組織からの紹介者を求める傾向があるのでしょう。
また、希望する人には日本鍵師協会からの紹介状も発行しているそうですので、そういった制度を利用する方法も有効です。
ただ、紹介状があれば確実に就職できると言う訳ではありませんので・・・念のため。