鍵師の学校・スクール

手に職といわれる仕事には資格が必要なイメージが強いかと思います。
鍵師として働くには何か資格が必要なのだろうかと思うかもしれませんが、鍵師になるためには学校やスクールを修了することが必須という訳ではありません。

学校やスクールを卒業するといいことがあるの?

現在、鍵師には国家資格はありませんので、専門的な知識や技術を習得すれば、誰でも鍵師の仕事をすることは可能です。
未経験で直接プロの鍵屋に就職して、現場で一から修行してスキルアップを図る人も珍しくはありません。
ただし、まず基礎をしっかり学び、カギ業界に確実に就職して鍵師への道を歩くために、必要な基礎が学べるスクールに通うという選択は近道です。

鍵師のスクールに通い学ぶこと

鍵師のスクールでは、主にカギの仕組みなどに関する知識や解錠技術、合いカギの作成技術を学びます。
プログラムは理論と実習から成り立ち、知識と技術の両方を習得できるようになっています。
基礎知識を学んだ後に実習で技術を身に付け、現場では更なる応用力を高めていきます。

スクールによっては、独立開業のノウハウまでを指導するところもあり、目的によってどのスクールを選ぶかしっかり見比べたほうがよさそうです。
鍵師のスクールは全国でもあまり多くはありませんが、ネットで検索すればすぐに見つけることが出来ます。
学校ごとに、講義のカリキュラムも授業料もかなり差があるため、内容を比較・検討して、自分の目的にふさわしいスクールを選ぶようにしましょう。

日本鍵師協会の「鍵師養成7日間講習」のメリット

鍵師のスクールは複数あるのですが、日本鍵師協会が行っている「鍵師養成7日間講習」が代表的です。
この講習は、民間資格である「1級・2級の鍵師技能検定試験」に沿った内容で進められ、業界内でも信頼性は高く、求人依頼をする鍵屋・セキュリティ企業もあります。

正式に「鍵師」という肩書で業務を遂行するためには、この検定試験に合格して同協会に認定登録をすることが必要です。
この講習のメリットは決して小さくはありません。
鍵師のスクールは、一般的には、一週間~2ヵ月程度で基礎的な知識と技能を習得できるようにカリキュラムが組まれています。

地方の方向けの講座もあるロックマスター養成講座

ロックマスター養成講座は、地方の方向けに「短期集中型コース」を設置しています。
宿泊料込みの値段で短期間での技術の習得を希望する方には最適です。
この講座はほかにも、忙しくても通える半月程度の「お手軽開業コース」というスタンダードコースや2ヶ月程でしっかりした技術を身に付け、独立開業を目指す方向きの「おすすめ開業コース」があります。

受講料は、お手軽開業コースが28万円、短期集中型コースが38万円、おすすめ開業コースが48万円です。
決して安くはありませんので、各コースの内容をよく比較する必要があります。