鍵師の将来性

最近、「手に職をつけたい」「定年を気にすることなく長く働きたい」などの理由から、鍵師の仕事を目指す人が増えています。
日々の生活に密着した仕事であり、ニーズが高い仕事のように思えますが現状、そして今後はどのようになっていくのでしょうか。

鍵師のおかれた現状と将来性

職人的な要素の強い鍵師の仕事は、時代が変わっても安定して需要はあります。
しかし、カギのトラブルが急増することは考えにくく、鍵師の数も増えたことから、現時点で飽和状態ではないかとも言われています。

独立開業は比較的容易

しかし、鍵師には国家資格はなく、誰でも技術を習得すれば現場で働くことが可能です。
また、腕を上げれば、独立開業も比較的容易なことから新規参入のハードルは低いといえます。
もちろん、他の職能的な仕事と同様に、鍵師もこの仕事のみで大きな成功を得るのは容易ではありません。

鍵師の収益源の多くは、合いカギの複製やカギの紛失を始めとする開錠など、トラブルの対応によるものです。
客からのトラブル対応依頼待ちの仕事になりがちで、自ら積極的に営業をしなければ、安定して継続的に収入を得ることは簡単ではないでしょう。

カギ業界にも押し寄せるIT化の波

鍵といっても、オートロックが主流の集合住宅のカギ、戸建て住宅の玄関の鍵、自動車のキー、金庫の鍵など、様々な種類のカギがあり、その仕組みも日進月歩です。
例えば、非接触型のICチップによるオートロック式のカギやスマートフォンのアプリを活用してカギの開閉を管理する「スマートロック」などという商品まで出てきました。
他の商品の技術の進歩に従うように、カギの技術も進歩を続けていきます。

このような電気的な鍵が普及すれば、機械的な開錠・施錠が求められるシーンが激減し、従来の鍵師の技術が求められることが減ることも予想されます。
現状をみる限りでは、スマートロック等の普及はまだ進んでおらず、従来型のカギのニーズがなくなると考えるのも早計です。
いずれにしても、今後ともカギのIT化は進み続けるとみられ、鍵師もまた新しい製品に対応できるよう技術や知識の習得に力を入れなければいけません。

全てのカギがIT化されるとは思えない

基本的に、カギと言っても様々な場所に使われており、それぞれ使われ方も異なります。
高い頻度で使わない場所やセキュリティレベルの差は大きく、高いコストをかけてまで、IT化されるカギにはおのずと限界があると思われます。

また、仕組みがよくわからないIT錠よりも、機械式錠を信頼する方も多いのも事実です。
また、IT錠とはいえ仕組み自体には機械的な部分もあるわけですし、IT錠にトラブルがないと言いきれるわけでもありません。
将来的には、そうしたIT錠に鍵師の技術も対応できるようになっていくのかもしれません。