鍵師は、基本的に顧客からカギに関連したトラブルや防犯強化対策などの依頼を受けて現場へ出向き、開錠やカギの追加取付け等の作業を進めます。

業務の繁忙・閑散の波が激しい

カギのトラブルはいつ発生するか予測がつきませんので、業務の件数を日々に平準化することはできません。
従って、顧客のニーズに応えるためには、常時出張可能な体制を取り、待機しておく必要があります。
鍵屋によっては年中無休で、24時間対応をとっているところさえもあります。

もちろん、企業に勤める場合は人数も多く、シフト制で働けますし、独立開業すれば自分で営業時間を規定することもできます。
ただ、個人の場合は営業時間を定めてしまうということは、収入の減少にもつながりかねません。
いずれにしても、休みは不定となりがちで、日によって件数には随分波があります。

様々な依頼案件に対応する難しさ

カギの種類は膨大に及び、また、「鍵のトラブル」と一口にいっても、様々な案件があります。
案件に応じて、それぞれ必要な技術や知識も違ってくるので、1人の鍵師がどんな依頼にも必ず対応できるわけではありません。
鍵師の収入源のトラブル解決の料金は、基本的に「1件当たり○○円」という定め方がされています。

そのため、依頼に応じ、案件を解決するごとに入ってくることになります。
せっかく顧客から依頼を受けても、対応できなければ、売上のチャンスを逃すことになってしまいます。
カギの技術は常に進化を続けているため、職人として、常に技術を磨き・向上させていく努力が求められます。

腕を上げて独立した後の苦労も大きい

鍵師は、技術を磨き、腕を上げれば比較的独立開業のハードルの低い仕事です。
しかし、トラブル発生時の対応という仕事で、常にトラブルが発生する訳ではないので、リピート客が付きにくい商売です。

もちろん、1人の顧客から信頼を受けて、他の顧客からの依頼に結びつくケースはありますが、常に新しい顧客となりうる層を開拓し、確保しておく必要があります。
しかし、「仕事を得よう」として利益率の低い仕事まで、無分別に受けていると、薄利多売となり赤字になり、すぐに廃業に追い込まれるケースも見受けられます。

最近は、鍵屋の数が増加しており、黙っていても顧客のトラブル解決の依頼が立て続けに舞い込むケースはまずありません。
安定して収益を上げるためには、きちんとした経営計画を立てて、顧客の信頼の得られる仕事を続けるとともに、住宅地でチラシを投函するなど必要な営業や宣伝活動が必要です。
鍵屋は、職人的な要素が強い仕事ではありますが、顧客に信頼してもらって初めて成り立つサービス業の側面があることを忘れてはいけません。