鍵師の将来性

最近、「手に職をつけたい」「定年を気にすることなく長く働きたい」などの理由から、鍵師の仕事を目指す人が増えています。
日々の生活に密着した仕事であり、ニーズが高い仕事のように思えますが現状、そして今後はどのようになっていくのでしょうか。

鍵師のおかれた現状と将来性

職人的な要素の強い鍵師の仕事は、時代が変わっても安定して需要はあります。
しかし、カギのトラブルが急増することは考えにくく、鍵師の数も増えたことから、現時点で飽和状態ではないかとも言われています。

独立開業は比較的容易

しかし、鍵師には国家資格はなく、誰でも技術を習得すれば現場で働くことが可能です。
また、腕を上げれば、独立開業も比較的容易なことから新規参入のハードルは低いといえます。
もちろん、他の職能的な仕事と同様に、鍵師もこの仕事のみで大きな成功を得るのは容易ではありません。

鍵師の収益源の多くは、合いカギの複製やカギの紛失を始めとする開錠など、トラブルの対応によるものです。
客からのトラブル対応依頼待ちの仕事になりがちで、自ら積極的に営業をしなければ、安定して継続的に収入を得ることは簡単ではないでしょう。

カギ業界にも押し寄せるIT化の波

鍵といっても、オートロックが主流の集合住宅のカギ、戸建て住宅の玄関の鍵、自動車のキー、金庫の鍵など、様々な種類のカギがあり、その仕組みも日進月歩です。
例えば、非接触型のICチップによるオートロック式のカギやスマートフォンのアプリを活用してカギの開・閉を管理する「スマートロック」などという商品まで出てきました。
他の商品の技術の進歩に従うように、カギの技術も進歩を続けていきます。

このような電気的な鍵が普及すれば、機械的な開錠・施錠が求められるシーンが激減し、従来の鍵師の技術が求められることが減ることも予想されます。
現状をみる限りでは、スマートロック等の普及はまだ進んでおらず、従来型のカギのニーズがなくなると考えるのも早計です。
いずれにしても、今後ともカギのIT化は進み続けるとみられ、鍵師もまた新しい製品に対応できるよう技術や知識の習得に力を入れなければいけません。

全てのカギがIT化されるとは思えない

基本的に、カギと言っても様々な場所に使われており、それぞれ使われ方も異なります。
高い頻度で使わない場所やセキュリティレベルの差は大きく、高いコストをかけてまで、IT化されるカギにはおのずと限界があると思われます。

また、仕組みがよくわからないIT錠よりも、機械式錠を信頼する方も多いのも事実です。
また、IT錠とはいえ仕組み自体には機械的な部分もあるわけですし、IT錠にトラブルがないと言いきれるわけでもありません。
将来的には、そうしたIT錠の技術に鍵師の技術も対応できるようになっていくのかもしれません。

鍵師の資格

「鍵師」を英語では「lock-smith」と表現し、「smith」は「職人」を指しますので、直訳すればカギ職人という意味です。

国家資格があるわけではない

昔から鍵師を希望する人は職人的な修行が必要であり、鍵師を目指す人は、鍵屋さんに就職し修行を積んでいました。
カギに関連した仕事をするだけなら、特別な資格や学歴が必要ではなく、専門技術や知識さえ習得すれば誰でもカギ関連の仕事はできます。

鍵師に資格は必要?

近年、カギに携わる職人の均質化という社会の要請から、平成9年に「鍵師」・「錠前師」の商標登録が行われ、「日本鍵師協会」が設立されました。
そして、国家資格ではないものの、1級・2級のそれぞれの鍵師技能試験が始められ、「鍵師」の資格制度がつくられました。
鍵師技能試験に準拠した、鍵師養成7日間講習は、短期間ですが密度の濃い講座です。
錠前・カギの基本的な構造とメカニズムなど合カギ作製、開錠訓練、さらには営業方法まで知識・技術・起業方法など全部で30項目近くを習得することができます。

鍵師技能検定試験に完全に準拠した、「鍵師」資格のスムーズな取得に導く魅力ある講座です。
この資格は、国家資格ではなく協会認定の資格ではありますが、カギ事業者や消費者の安心感や信頼を広く得るためには、取っておきたい資格です。
この検定試験に合格し認定を受けることで、「協会公認の鍵師資格を所持している」とアピールでき、起業にはたいへん有利です。
もちろん正式に「鍵師」の名称を用いて事業を行いたい方は必須とも言える、取っておくべき資格でしょう。

2級鍵師技能検定試験

鍵師技能検定試験は、「2級鍵師」と「1級鍵師」の2種類に分類されていますが、まず、2級鍵師技能検定について説明します。
2級検定試験の会場は東京で毎年数回行われ、試験の形式は筆記試験と実技試験に分けて実施されます。
筆記試験は、錠前全般についての専門的な基礎知識に関して問われます。
選択問題だけでなく記述問題も出題されますので、しっかりした知識がないと合格することはできません。

実技試験は玄関ドアのカギを含む数種類の一般的に普及しているカギを、ピッキングの方法で定められた時間内に開錠する技術、錠前の構造に関する技術などを問う問題が出題されます。
合格すれば「2級鍵師登録」(2年間有効)することが可能となり、登録すれば「2級鍵師証明書」が発行されます。

難関の1級鍵師技能検定試験

開催場所は東京で3年に1回実施されます。
試験の形式は筆記試験と実技試験で、筆記試験はカギ全般に関する専門的知識で、出題方式は2級と同様に選択問題と記述問題両方の出題です。
受験資格は2級鍵師資格の所持者ですので、鍵師としての実務経験や知識を持っている方が圧倒的に有利です。

実技試験は、数種類の錠前をピッキングの方法で開錠する技術、シリンダーから合カギを作製する技術、ピンの組替技術を問う出題がされます。
2級と同様に、合格すれば「1級鍵師登録」(2年間有効)が可能となり、登録すれば「1級鍵師証明書」が発行されます。

鍵師のやりがい・魅力

依頼してくる顧客は皆、トラブルを自分で解決できずに困っています。
カギの紛失や故障で部屋に入れなくなってしまったり、キーを車内に挿したままドアにロックがかかってしまった客は、多くは初めての経験です。

依頼に応えられて笑顔で感謝されたとき

突然の非常事態に慌てていることが多く、たいていの場合、修理や開錠に取り掛かる前は「本当に開くだろうか」と不安で途方に暮れた表情です。
しかし、数分後には部屋や車に乗れるようになり、ホッとした表情と安心できた笑顔が返ってきます。

鍵師にとって客の笑顔を見るとき・「ありがとう」と感謝の声をかけてもらうときが、一番のやりがいを感じる瞬間と言えるでしょう。
客は大きな不安を抱えながらも鍵師を信頼して仕事を依頼しているのですから、鍵師は信頼に応えなくてはなりません。

難易度の高い錠の開錠に成功したとき

新しいカギの技術が進歩している中、ときには経験のない高い難易度の事案に遭遇し、鍵師自身が上手くいくだろうかと不安になることもあります。
しかし、こちらが不安である態度を表せばそれは顧客にも伝わり、不安が伝染します。

冷や汗をかいても、不安な気持ちは出さぬようにしながら、「さすがですね!」「助かりました!」と笑顔で感謝されることを目指して粘り強く作業を続けなくてはいけません。
その分、開錠できた時の達成感は大きくなります。
それができる鍵師になれる様、年々進化する新しいカギの技術に遅れないように日々研究や自己研鑽を積み成長していくことが求められます。

一つの技術をマスターすればするほど、奥の深い世界だと思える瞬間も多く、生涯かけて1つのコトを突き詰めたい人は、やりがいを感じる仕事です。

セキュリティに関するアドバイスを真摯に聞いてくれた時

開錠依頼を受けたカギが陳腐化しており、新人の鍵師レベルでも開錠が可能であるような場合もあります。
そのような場合、新しくセキュリティレベルの高いカギへの交換を勧めることも必要です。
ただ新しいカギを売ろうとするのではなく、親身になったアドバイスであることをきちんと受け取ってもらえた時は、信頼されているという満足感があります。

独立開業して事業を安定した軌道に乗せた時

鍵師には専門な技術や知識が求められ、個人によって大きく腕に差が付きます。
鍵師は職人的な要素が強いので、企業に勤務する就業形態だけでなく、腕に自信がつけば独立して開業することも可能です。
独立すれば自分の技術や営業力によって、更には従業員を雇用することにより、大きな収入を得ることも目指せます。
定年があるわけではありませんので、手に職を付けて長く働き続けたいと考えている人には、最適の仕事だと言えそうです。

鍵師の一日の流れ

カギに関するトラブルにトータルで全国にネットワークを持つ企業もあり、その企業や代理店に就職する形で働く人もいますが、個人で独立する人も多いです。

鍵師さんの就業形態による違い

カギのトラブルがいつ起きるのは予測がつかないので、鍵師は生活が不規則になりやすいです。
鍵屋さんによっては24時間体制で対応したり、勤務時間や休日などを定めていたりと様々です。
企業勤務と個人営業で仕事の内容は変わりませんが、簡単に比較してみます。
企業であれば人数が多いので勤務時間のシフトの面である程度の融通が利きます。
それに対し個人営業の場合は、1人で対応しますので、深夜の依頼が来ることも珍しくなく不規則な生活になりやすいのです。

鍵師の仕事場所

基本的に客からカギを開けてほしいという仕事の依頼が入った場合、様々な道具を持って現地に出張して現場で作業をします。
そのため道具を積み込んだ車で移動することが多いです。
出張作業であるため、対応可能地域を限定している業者がほとんどです。

ある鍵師の一日の例

トラブル依頼件数により業務の繁閑の波は大きく、毎日スケジュールは変わります。
サンプルに、独立開業して働く鍵師に密着して、一般的な1日の仕事の流れを見てみます。

①9:30玄関ドアの開錠依頼
客から「家の鍵を紛失して困っている」旨の電話連絡が入り、道具を一式揃えて車に乗り込み現場に急行します。

②10:00 現場到着
客に会ったらすぐに状況を把握して、料金の再確認後に作業を開始します。
5分弱で難なく開錠をし、このタイプのカギはセキュリティレベルが低いと伝え交換を勧めました。
検討するという返事だったので、紛失キーの複製をして30分弱で作業を終了しました。
その後、午前中にもう1件、予約が入っていた顧客の玄関ドアのカギ交換を処理

③13:00 車のドアの開錠依頼
車のキーを挿しっぱなしでドアをロックした客から、ドアの開錠依頼の電話連絡が入り、現場へ直行します。
メーカーや車種によって求められる知識や技術が違いますが、培った経験を頼りに作業を進めます。
自分の経験だけでは対応できない場合は、同僚や先輩の鍵師に電話で助言を求めることもあるそうです。
今回はスムーズに開錠できました。

④15:00 昼食を兼ねた休憩
その日の状況によって休憩・昼食の時間は一定ではなく、忙しいと昼食は車内で済ませることもあるそうです。

⑤17:00 活動エリアの住宅で営業活動
開業した鍵師にとって営業活動は重要で、対応エリア内の住宅に自作のチラシを投函します。
すぐに依頼が来るケースはレアですが、取っておいてくれる家庭もあり、トラブルが起きた時に連絡してくれるケースも多いのです。

⑥20:00 金庫の開錠依頼
これで本日の仕事は終了か・・・という時間に、店を構えている客から「金庫のカギを開けてほしい」との電話連絡が入りました。
現場へ急行し、30分程度で開錠できました。
⑦21:00 帰宅
この日は以上で1日の仕事は終了ですが、場合によっては割増料金をもらい深夜に依頼を受けることもあるそうです。