鍵だって、壊れることがある!

普段生活していると気づきませんが、実は鍵も壊れてしまうことがあります。
自宅のシリンダー錠に鍵を差し込んだら、「なかなか回らない…」という状況になってしまうことってありませんか?これは、鍵の接触が悪くなってしまっているために起きる現象です。

また、それだけでなく「鍵を回したら、なかなか抜けない」という状況に陥ることも。
逆に、いくら鍵を回しても鍵がかからない、どうもかかりかたが緩い…なんてこともあるそうですね。
もちろん、鍵が壊れたら大変なので、早めに修理をしておかなければなりません。

鍵の故障の原因はほとんどが劣化

まず、鍵の故障に関してはほとんどが劣化だと考えて下さい。
特にシリンダー錠(一番よく使われているタイプのもの)だと、使っているうちに鍵もすり減っていきますし、やはり鍵穴の内部に関しても劣化します。

大体の場合予兆があり、鍵が抜けにくくなったりなかなか回らなかったりということがあるようなので、こういったことがあったらすぐに鍵屋に相談するなどの対応をしていきたいですね。

放置しておくと、そのうち本当に鍵が抜けなくなったり、鍵がかからなくなったりというトラブルが起きる様になりますので、注意をしなければなりません。
できれば早いうちに対応をしてもらうと良いでしょう。

この機会に鍵の取り換えも

もちろん、鍵が壊れてしまったら付け替えをするという方法もあります。
賃貸物件の場合は家主の許可をとらないと難しいですが、そうでない場合は「壊れてしまったのを機に、まったく新しい鍵につけかえる」という選択肢があってもいいでしょう。

鍵というのは年々進化していて新しいものが発売されていますので、それを思えば「最新式の鍵にすることで、より安心した生活をすることができる」というメリットがあるでしょう。

もともと、鍵というのは年代に応じて見直していくものです。もし、あなたの自宅の鍵が壊れてしまったら、「これは新しい鍵に付け替えをしろということなんだな」と考え、付け替えることを前向きに考えてみてもいいかもしれませんね。

鍵の付け替えは短時間で終わることが多い

鍵の付け替えは、大体1時間程度で完了することも多いので、時間に少し余裕があるときに変えてもらいましょう。

特に、カギをこじ開けられた形跡がある場合は早いうちに交換をした方が良いです。なぜなら、鍵をこじ開けられたということはその後に犯罪につながる可能性もあるため。疑ってかかりたくはないものですが、それだけ考えて鍵を付け替えておくことをお勧めします。

もちろん、日ごろから「カギに異常がないか」をチェックしておくことも必要ですので、異常がないかどうかを調べてみて下さいね。