防犯対策について考えよう!

鍵と言えば防犯対策に使うものですよね。
でも、防犯対策と言っても本当にいろいろな対策があります。

鍵の付け方ひとつにしても、たくさんの防犯対策がありますので、その中からどんな対策を選ぶのかを調べておかなければなりません。

いまだに多い空き巣の被害

防犯カメラを付けたり、マンションだとオートロックのところが増えるなど、防犯対策というのは日に日に進化をしています。

最先端だと思ってつけた鍵が、次の年にはもう古い機能のものになってしまっているということも多々ありますので、「自分の家の鍵が万能なものである」とは間違っても思わないこと。

空き巣にあった家というのも、「まさか自分の家に空き巣なんて入らない」「うちの防犯対策は万全だ」という意識でいたはずです。

誰も、自分の家に空き巣が入るなんて思わなかったでしょう。
それにも拘わらず、巷ではこういう事件がたくさん起きてしまっているわけです。

とてもじゃありませんが、それを他人事ということはできません。

防犯対策に関しては折をみてきちんと見直し、「本当に時代にあったものなのかどうか」を考える必要がありそうです。
日本は安全な国だと言われていますが、それでも平均すると一日180件の家に空き巣が入っています。

日本は広いとはいえ、かなりの数字ではありませんか?この数字を見れば、「自分の家には絶対に泥棒は入らない」ということはできないはずです。

窓からの侵入がとても多い

空き巣と言えば玄関からこっそり入ることが多いと言われていますが、実は窓を破ってそこから入る人も多いことで知られています。一戸建てだけでなく、マンションでも窓を破って入ってくる意図が多いので注意をしなければなりません。

こういう場合を想定して、自宅に「窓を破られないような鍵」を取り付けてみませんか?
窓を割ったり、無理やり破ったりということがあると、自動的に警報機が鳴るタイプの鍵も販売されています。

また、隙間を開けながらそれ以上窓が開かないようにすることができるものも。
どの鍵が良いのかは、鍵屋と相談をして選んでみると良いでしょう。

ピッキングもいまだに多い

やはり、空き巣犯罪の中でも特に多いのがピッキングです。
簡単な構造の鍵だとすぐにあけられてしまいますから、できれば複雑なものに好感をした方が良いでしょうね。

シリンダー錠の場合、そこに取り付けることができる防犯器具が販売されていますので、それを使ってみるという方法もあります。

これなら、もともとの鍵に追加をする形で鍵を使うことができるので、鍵を二重につけているのと同じことになりますからね。

ピッキングはこちらの対策次第で必ず防ぐことができるものなので、できれば対策を考え、被害を受けないようにしておきましょう。