サムターン回しってなに?

あなたの家の玄関をみてください。
ドアの内側に、「サムターン」と呼ばれるつまみのようなものはついていませんか?

ドアを開けたあとに、サムターンについているつまみを横にすることで鍵をかけるタイプの鍵のことです。

このサムターンなのですが、非常に簡単に内側から鍵をかけることができるというメリットがある一方で、「サムターン回し」という犯罪に使用されてしまう可能性があるので、注意をしなければなりません。

サムターン回しでは、ドアに特殊な工具で穴をあけ、そこからまた別の工具を入れてサムターンをまわし鍵を開けてしまいます。

「ドアってそんなに簡単に穴を開けられないでしょう」と思うかもしれません。
でも、実はドアの材質によっては簡単に穴を開けることができます。

ドリルなどを使用して穴を開けられ、サムターン回しで中に侵入されてしまったというケースは少なくありません。

驚くべきことに、なんと今はモーターの音が鳴らないドリルもあるそうで、これだと隣順序がまったく気づかないうちにあけられてしまうということもあり得ますよね。

また、ドリルを使わなくても「ドアの隙間から工具を差し込んでサムターンを回す」という方法もあれば、ドアについているドアスコープを使って覗くという方法もあるそうです。

短時間で簡単にドアを開けることも可能なので、サムターン回しをおさえる方法を考えなければならないでしょう。
まず、サムターン回しを避ける方法としては「内側の鍵を鍵つきのサムターンに変える」ということ。

サムターン回しはつまみを回すことで行うものなので、鍵穴がついているものであれば外側から回すことはできません。なので、鍵穴で開けるタイプのものにしておけば、外部からの侵入を防ぐことができます。

サムターンまわしを防ぐためのカバーが販売されている

サムターンが回されないように、サムターン回しを防止するカバーなどが販売されていますので、こういったものを取り付けてみるというのもオススメです。

このサムターン回し防止カバーがあれば、工具を使ってドアのサムターンを回そうとしても、カバーがついているために肝心の鍵を回すことができなくなります。

根本的にサムターン回しを防ぐことが可能になりますので、ぜひ利用をしてみてくださいね。

このように、泥棒の手口はどんどん巧妙化してきていますので、こういった手口に引っかかることがないように対策をしておく必要があるのではないでしょうか。

家庭で簡単にすることができる防汚し対策もありますので、ぜひとも対策を練ってみて下さいね。