押し込み強盗対策

押し込み強盗とは?

押し込み強盗とは、人がいるのを狙って他人の家に押し入り、金品を強奪する強盗です。
空き巣との大きな違いは人がいる時を狙って入ってくるという点で、空き巣のように金品だけが目的ではない場合がありますので、より注意しなくてはいけません。

実際に押し込み強盗による殺害事件も発生しているため、どのような防犯対策をすればいいのか、施設にできる防犯対策にはどういったものがあるのかを知っておくと、自分だけでなく家族の身を守るためにも役立つでしょう。
押し込み強盗は金品以外の狙いもあるため、わざと人のいる時を狙って入ってきます。
これによる被害を減らすためにも、きちんとした防犯対策をしなくてはいけません。

自宅でできる防犯対策とは

押し込み強盗への対策として自宅にできるものとしては、モニター付きのインターフォンがもっとも手軽で有効です。
きちんと誰がきたのかを確認してからドアを開けるという事は、防犯対策の基本ではありますが意外と忘れてしまいがちです。

オートロックのマンションに住んでいる場合も、オートロックだから安心という訳ではなく、誰かが入った後についていく事で進入しまう場合もあります。
そんな事態を防ぐためにも、きちんと誰が来たのかを確認できるようにしておき、確認してからドアを開けるという事をするだけでも大きな防犯対策となるでしょう。

個人で気を付けておきたい事

押し込み強盗対策として個人で気を付けておきたいのは、ドアを開ける時にチェーンをかけるという事です。
チェーンをかけておけば勝手に中に入られることを防げます。

また、特に一人暮らしの方は押し込み強盗の被害に遭いやすいので、不審者に気を配り、もし誰かにつけられていると感じた時には近くの交番に相談したり、自宅に帰る場合は一人暮らしではないように振る舞うなど、強盗が入りにくいと感じるように行動するようにしましょう。押し込み強盗は入りにくい状況を作るだけでも防ぎやすくなりますので、簡単な事から気を付けておくと良いです。

玄関や窓にしておきたい防犯対策

押し込み強盗は玄関や窓といった場所から入ってきます。
ですからこれらの場所に防犯対策をしておく事で、押し込み強盗被害に遭う確率を大きく下げる事ができるでしょう。

どのような対策をすべきかというと、まず挙げたいのが玄関ライトを付けるという事で、玄関が明るいことで人に見られるかもしれないという心理が働き、被害に遭いにくくなります。
また、窓には格子を付けたり、割れにくいガラスにしておくなど、入りにくい環境を作る事が重要です。
専門の業者に相談する事でよい防犯対策を教えて貰えるので、そちらも利用してみてはどうでしょうか。

他人事だと思わない事が重要

押し込み強盗のニュースを見た時に、多くの人は自分には関係ない他人事だと考えてしまいがちです。
そのせいで防犯対策がおろそかになってしまう事も多く、押し込み強盗被害に遭ってから後悔する事になってしまいます。
そうならないためには、他人事だと思わず自分も被害に遭う可能性があるのだと意識し、普段からできる防犯対策をしておく事が何よりも重要です。