侵入者の手口~ピッキング

侵入の手口として、一番有名なのはピッキング

まず、侵入の手口として一番良く知られているのが「ピッキング」。
恐らく、多くの人がこのピッキングについてご存知でしょう。

ピッキングとは、「ピック」という特殊な工具を使って鍵を開けて侵入するもので、鍵を壊さずに中に入ることから非常に怖い犯罪と言われています。

恐らく、泥棒の手口としてはこのピッキングが一番多いのではないでしょうか。
厄介なことに、このピッキングに用いられる「ピック」は業者向けに販売されていますし、その使い方についても詳しく解説されているという厄介さ。

もともとは業者が使うものを犯罪に利用しているという、きわめて悪質なものです。

ピッキングで開錠しやすい鍵は「ディスクシリンダー錠」と呼ばれるもので、最近はこの鍵がピッキングに弱いということであまり使われなくなってきています。

ピッキングしにくい鍵も最近はどんどん増えてきていますので、これに交換して自宅を守ろうとする人は増加傾向にありますので、今後とも防犯意識を育てていきたいですね。

とても恐ろしいピッキング被害

ピッキング被害の恐ろしいところは、ちょっと外に出ていたその瞬間を狙って泥棒が侵入してくる点。
例えば、ちょっとゴミ捨てに行って近所の誰かと話していた隙にピッキング被害に遭うことがあるのです。

ディスクシリンダー錠を利用している場合、本当に簡単に泥棒は解錠して侵入してしまいますので、そういったことも意識して生活をしていきたいですね。

ディスクシリンダー錠は、アパートやマンションでよく使われているタイプの鍵なので、住んだところがディスクシリンダー錠であった場合は早めに交換しておくといいでしょう。

また、ピッキングで盗まれたものというのは既に販売ルートが確立しています。
盗まれたものは必ずと言っていいほどどこかで売られてしまいますので、そのこともきちんと考えておきましょう。

ピッキングは一人でやると思われがちですが、実は複数で行うことが多く、見張り役から銀行に行く役まで本当に細かく別れていると言います。

そのようなことを踏まえて、日ごろから「ピッキング被害を防ぐにはどうしたらいいのか」を考えておく必要があるのではないでしょうか。

オートロックなら安全と考える人もいますが、オートロックは鍵一本ですべてを開けることができるという弱さがあることも知っておかなければなりません。
特に、隣近所が留守がちな人は注意が必要です。