侵入者の手口~カム送り解錠

最近出てきた新しい手口「カム送り解錠」

侵入と言えば、有名なものとしては「ピッキング」がありますよね。

しかし、ピッキングの場合は既に対策がいろいろと出てきていますので、新しい侵入の方法を模索する泥棒も出てきているようです。

そこで、最近になって増えているのが「カム送り解錠」という方法。
聞きなれない名前ですが、カム送り解錠は警察が公式にその手口を認めて注意喚起を行っており、このカム送り解錠の存在が広く知られるようになりました。

一説によれば、このカム送り解錠に関してはまだそこまで被害が多くはないということですが、今後どんどん被害が拡大していく可能性があり、それを見越しての手口公開ということではないか?と言われていますね。

では、そのカム送り解錠とはどんな手口なのかについて考えて行きましょう。

カム送り解錠ってどんな手口?

簡単にいえば、鍵穴に針金のようなものを差し込んで鍵をあけてしまうのが「カム送り解錠」です。
鍵の隙間から針金を入れて鍵を開けるもので、鍵は壊さないまま開けられてしまうという非常に巧妙な手口。

「それってピッキングと同じじゃない?だったら、ピッキングにあいにくい鍵を使えばいいよね」と思うかもしれませんが、ピッキングがシリンダー錠を狙うことに隊士、この「カム送り解錠」の場合は他の鍵にも通用してしまうため、これまでは「ピッキングされにくい」と言われていた鍵まであけられてしまいます。

どんな鍵にも絶対はないということでしょうか。

しかし、カム送り解錠ができる鍵も限られている

とはいえ、実は「カム送り解錠ができる鍵」というのは非常に限られており、すでにその種類も特定されています。

現在は販売もされておらず、同じような型であっても対策されているものがほとんどですので、そこまで気にする必要はないでしょう。

ただし、時々旧型の鍵があることもあるので、そういったものが使われている場合は注意をしなければなりません。
一応、自宅で使われている鍵がどういったタイプの鍵なのかを確認されておくことをお勧めします。

この鍵に限らず、「自分の家で使われている鍵がどんなタイプなのか」を知っておくことは本当に大切。一度自分の家の鍵を見直して、「どういう鍵を使っているのか」を確認されてみることをお勧めします。

泥棒の手口は日々悪質さを増していますので、泥棒に対する対策と言うのは常に新しいものにかえていく必要があるでしょう。
泥棒に引っかからないことを第一に生活をしていく必要があります。

侵入者の手口~サムターン回し

サムターン回しってなに?

あなたの家の玄関をみてください。
ドアの内側に、「サムターン」と呼ばれるつまみのようなものはついていませんか?

ドアを開けたあとに、サムターンについているつまみを横にすることで鍵をかけるタイプの鍵のことです。

このサムターンなのですが、非常に簡単に内側から鍵をかけることができるというメリットがある一方で、「サムターン回し」という犯罪に使用されてしまう可能性があるので、注意をしなければなりません。

サムターン回しでは、ドアに特殊な工具で穴をあけ、そこからまた別の工具を入れてサムターンをまわし鍵を開けてしまいます。

「ドアってそんなに簡単に穴を開けられないでしょう」と思うかもしれません。
でも、実はドアの材質によっては簡単に穴を開けることができます。

ドリルなどを使用して穴を開けられ、サムターン回しで中に侵入されてしまったというケースは少なくありません。

驚くべきことに、なんと今はモーターの音が鳴らないドリルもあるそうで、これだと隣順序がまったく気づかないうちにあけられてしまうということもあり得ますよね。

また、ドリルを使わなくても「ドアの隙間から工具を差し込んでサムターンを回す」という方法もあれば、ドアについているドアスコープを使って覗くという方法もあるそうです。

短時間で簡単にドアを開けることも可能なので、サムターン回しをおさえる方法を考えなければならないでしょう。
まず、サムターン回しを避ける方法としては「内側の鍵を鍵つきのサムターンに変える」ということ。

サムターン回しはつまみを回すことで行うものなので、鍵穴がついているものであれば外側から回すことはできません。なので、鍵穴で開けるタイプのものにしておけば、外部からの侵入を防ぐことができます。

サムターンまわしを防ぐためのカバーが販売されている

サムターンが回されないように、サムターン回しを防止するカバーなどが販売されていますので、こういったものを取り付けてみるというのもオススメです。

このサムターン回し防止カバーがあれば、工具を使ってドアのサムターンを回そうとしても、カバーがついているために肝心の鍵を回すことができなくなります。

根本的にサムターン回しを防ぐことが可能になりますので、ぜひ利用をしてみてくださいね。

このように、泥棒の手口はどんどん巧妙化してきていますので、こういった手口に引っかかることがないように対策をしておく必要があるのではないでしょうか。

家庭で簡単にすることができる防汚し対策もありますので、ぜひとも対策を練ってみて下さいね。

侵入者の手口~ピッキング

侵入の手口として、一番有名なのはピッキング

まず、侵入の手口として一番良く知られているのが「ピッキング」。
恐らく、多くの人がこのピッキングについてご存知でしょう。

ピッキングとは、「ピック」という特殊な工具を使って鍵を開けて侵入するもので、鍵を壊さずに中に入ることから非常に怖い犯罪と言われています。

恐らく、泥棒の手口としてはこのピッキングが一番多いのではないでしょうか。
厄介なことに、このピッキングに用いられる「ピック」は業者向けに販売されていますし、その使い方についても詳しく解説されているという厄介さ。

もともとは業者が使うものを犯罪に利用しているという、きわめて悪質なものです。

ピッキングで開錠しやすい鍵は「ディスクシリンダー錠」と呼ばれるもので、最近はこの鍵がピッキングに弱いということであまり使われなくなってきています。

ピッキングしにくい鍵も最近はどんどん増えてきていますので、これに交換して自宅を守ろうとする人は増加傾向にありますので、今後とも防犯意識を育てていきたいですね。

とても恐ろしいピッキング被害

ピッキング被害の恐ろしいところは、ちょっと外に出ていたその瞬間を狙って泥棒が侵入してくる点。
例えば、ちょっとゴミ捨てに行って近所の誰かと話していた隙にピッキング被害に遭うことがあるのです。

ディスクシリンダー錠を利用している場合、本当に簡単に泥棒は解錠して侵入してしまいますので、そういったことも意識して生活をしていきたいですね。

ディスクシリンダー錠は、アパートやマンションでよく使われているタイプの鍵なので、住んだところがディスクシリンダー錠であった場合は早めに交換しておくといいでしょう。

また、ピッキングで盗まれたものというのは既に販売ルートが確立しています。
盗まれたものは必ずと言っていいほどどこかで売られてしまいますので、そのこともきちんと考えておきましょう。

ピッキングは一人でやると思われがちですが、実は複数で行うことが多く、見張り役から銀行に行く役まで本当に細かく別れていると言います。

そのようなことを踏まえて、日ごろから「ピッキング被害を防ぐにはどうしたらいいのか」を考えておく必要があるのではないでしょうか。

オートロックなら安全と考える人もいますが、オートロックは一本鍵ですべてを開けることができるという弱さがあることも知っておかなければなりません。特に、隣近所が留守がちな人は注意が必要です。