侵入者の手口~こじ開け

鍵をこじあける、という手口

たとえばピッキングの様に、鍵をできるだけ傷つけることなくスマートに開けてしまうという方法もあるのですが、泥棒の手口でまず一般的なのは「こじあける」というものではないでしょうか。

ピッキングは既に珍しい侵入の手口ではありません。
このため、泥棒は誰でもピッキングをできるような印象もありますが、そういうことでもありません。

ピッキングができないような泥棒でも、バールなどを使ってドアを開けて侵入する例は非常に多いと言われています。
ドアの隙間にバールを差し込み、そこから破壊して中に侵入するということですね。

この場合、部屋の中のものを根こそぎ持っていかれてしまうのはもちろんなのですが、それだけでなくドアを壊されてしまうために修理代金もかかりますので、注意しなければなりません。

また、やはり家のドアをこじ開けて侵入されるというのは大変なショックを伴うものなので、こうしてこじ開けの被害があった時点で引越しを考える人も少なくない様です。

確かに、一度でも侵入された部屋に住み続けるというのは気持ち悪いものがありますからね。

鍵のこじ開けは、鍵の個数で防ぐしかない

このこじ開け被害を防ぐには、やはり鍵をできるだけたくさんつけることで自衛をするしかありません。
1つの鍵を開けるよりは、2~3個ついていた方がこじ開けるのに時間がかかるでしょう。

そういう意味で、鍵のこじ開けを避けていくしかないのです。
なので、こじ開けの被害を少しでも避けたい場合は「鍵の個数を増やす」ということが必要になります。

実は、鍵の数を増やすというのは防犯対策としてかなり良質なもの。
簡単な鍵であったとしても、あけるにはそれなりに時間がかかります。

時間がかかるドアを泥棒は避ける傾向がありますので、同じタイプの鍵であってもいくつかつけることで「時間を稼ぐことができる」というメリットも。

このことを考えても、鍵を増やすというのは本当にいい対策であることが解ります。

また、もし可能であれば「こじ開けることができないくらいの頑丈なドアを使う」ということもいいでしょう。

日本のドアは「外開きである」「バールがはいるような隙間がある」ということが多いので、どうしてもドアを破られやすくなってしまっています。

そういった被害を減らすためにも、根本的な問題となっているドアを変えるという方法はオススメです。
念には念を入れたこじ開け対策をしっかりとしておく必要があるのではないでしょうか。