最近出てきた新しい手口「カム送り解錠」

侵入と言えば、有名なものとしては「ピッキング」がありますよね。

しかし、ピッキングの場合は既に対策がいろいろと出てきていますので、新しい侵入の方法を模索する泥棒も出てきているようです。

そこで、最近になって増えているのが「カム送り解錠」という方法。
聞きなれない名前ですが、カム送り解錠は警察が公式にその手口を認めて注意喚起を行っており、このカム送り解錠の存在が広く知られるようになりました。

一説によれば、このカム送り解錠に関してはまだそこまで被害が多くはないということですが、今後どんどん被害が拡大していく可能性があり、それを見越しての手口公開ということではないか?と言われていますね。

では、そのカム送り解錠とはどんな手口なのかについて考えて行きましょう。

カム送り解錠ってどんな手口?

簡単にいえば、鍵穴に針金のようなものを差し込んで鍵をあけてしまうのが「カム送り解錠」です。
鍵の隙間から針金を入れて鍵を開けるもので、鍵は壊さないまま開けられてしまうという非常に巧妙な手口。

「それってピッキングと同じじゃない?だったら、ピッキングにあいにくい鍵を使えばいいよね」と思うかもしれませんが、ピッキングがシリンダー錠を狙うことに隊士、この「カム送り解錠」の場合は他の鍵にも通用してしまうため、これまでは「ピッキングされにくい」と言われていた鍵まであけられてしまいます。

どんな鍵にも絶対はないということでしょうか。

しかし、カム送り解錠ができる鍵も限られている

とはいえ、実は「カム送り解錠ができる鍵」というのは非常に限られており、すでにその種類も特定されています。

現在は販売もされておらず、同じような型であっても対策されているものがほとんどですので、そこまで気にする必要はないでしょう。

ただし、時々旧型の鍵があることもあるので、そういったものが使われている場合は注意をしなければなりません。
一応、自宅で使われている鍵がどういったタイプの鍵なのかを確認されておくことをお勧めします。

この鍵に限らず、「自分の家で使われている鍵がどんなタイプなのか」を知っておくことは本当に大切。一度自分の家の鍵を見直して、「どういう鍵を使っているのか」を確認されてみることをお勧めします。

泥棒の手口は日々悪質さを増していますので、泥棒に対する対策と言うのは常に新しいものにかえていく必要があるでしょう。
泥棒に引っかからないことを第一に生活をしていく必要があります。