錠破りってどんな手口?

泥棒の手口として、とても良く知られている「錠破り」。
錠破りとは、どんな手口のことを言うのでしょうか。

錠破りと言うのは、簡単にいえば「バールなどを使ってドアをこじ開ける」という泥棒の手口のこと。
「ドアってこじあけられるの?」と思う人がいるかもしれませんが、実は簡単にこじ開けることができます。

バールをドアの隙間に差し込めば、短時間で時間をかけずにドアを壊して中に侵入することが可能に。
しかも、意外なことにこの手口は「音をたてずにできる」ということがあるので、泥棒が簡単に侵入することができるようになっています。

私たちは、泥棒の手口のことを考えた時に「ピッキング」のように「泥棒が鍵を開けて入ってくること」は考えても、ドアをむりやりこじ開けてまで入ってくることはあまり考えませんよね。

しかし、バールが一本あればドアを破壊して入ってくることも十分に可能なのです。

錠破りを防ぐには

この錠破りを防ぐには、「根本的にドアを開けられないようにする対策をする」ということが必要になります。
例えば、ドアを隙間がないようなタイプのものにかえておくこと。

隙間がないようなタイプのものなら、そもそもバールを差し込むことができませんので錠破りをすることはできなくなってしまいます。このように、「ドアをかえて侵入させない」という方法はまず基本ですね。

とはいえ、ドアというものは誰でも変えられるものではありませんよね。
そんな時は、まずドアの隙間をしっかりとふさいであげるという方法も。

こうすることで、バールを差し込める隙間がなくなりますので、錠破りをすることはできなくなります。

そして、意外に有効と言われているのが「鍵を増やす」という方法。
大抵、ドアには鍵が1つついていますが、それだけでなく2つ3つに増やしておくことで、ドアを開けられる危険性を減らすことができるでしょう。

鍵が多くついていればいるほど、鍵を開ける時間がかかることになりますので、泥棒が避けるというのは良く言われていることですね。ドアを簡単に開けることができないように、そもそも鍵を増やすということも検討してみてください。

錠破りを防ぐにはいろいろな方法がありますが、簡単にできる方法と言えば「ドアの鍵を増やす」ということかもしれませんね。

ぜひ、ドアの鍵を増やすという方法を検討してみてほしいと思います。

賃貸であっても、相談すれば鍵を追加でつけさせてくれるところがあります。