補助鍵の重要性

空き巣に入られるのはかなりのダメージ

日本は世界からみてもかなり治安が良い国と言われていますが、それでも俗にいう「泥棒の被害」がまったくないわけではありません。

地域によっては、きちんと鍵をかけて出かけても「鍵をこじ開けられた」「ピッキングされた」などの方法で侵入されてしまうことがあります。

部屋に入られてしまえば自分の財産をとられてしまうというだけでなく、精神的なショックも非常に大きなものになるでしょう。

財産をとられたことに加えて、自分が招いてもいない人間に勝手に部屋に入られるというダメージは本当に大きなものになります。

だからこそ、私たちは「まず空き巣に入られないように色々なことを気を付ける」という必要があるのです。
では、具体的にどんなことに気をつけれは空き巣に入られないようにすることができるのでしょうか。

補助鍵で泥棒に入られる可能性は減らせる!

空き巣被害減らすための対策として、「鍵を増やす」というものがあることをご存知でしょうか。
通常、ドアには鍵がひとつついていますが、それを2~3個に増やすことで、泥棒に入られる可能性をぐんと減らすことが可能になります。

この鍵ですが、意外なことに「同じ種類の鍵でもOK」なので試してみて下さい。
鍵を増やすことで何がいいのかというと、なんといっても「鍵を開けるための時間を稼ぐことができる」というのがいいのです。

同じ種類の鍵であっても、いくつも鍵を開けるとなるとかなりの時間がかかりますので、そういった点で「鍵を増やすのは有効である」ということですね。

鍵をいくつかつけておくことで、鍵をあけるのに時間がかかるため泥棒は避ける可能性が高いということですね。
こういったことを考えれば、確かに鍵を増やすという方法は有効ではないか?と思いますよね。

賃貸物件であっても、鍵を増やせることがある

仮に賃貸物件であっても、鍵を増やすことができるところがありますので、気になる場合はこの「鍵を増やす」ということをやってみてはいかがでしょうか。

誰でもできる簡単な方法ですので、鍵を増やすという方法にチャレンジをしてみてくださいね。

空き巣はほんとうにいろいろな方法で侵入しようとしてきます。
だからこそ、私たちは空き巣の侵入を防ぐために色々な方法を試していかなければなりません。

防犯対策は年々進化していますので、どういった方法があるのかをしっかりとチェックして「できるだけ新しい防犯対策ができるようにしておく」ということを心がけましょう。