オートロックは万能ではない

最近は、防犯性をアップさせるためにオートロックにしているマンションも多いですよね。
オートロックのマンションであれば、住人の許可がなければドアが開くことはありませんので「防犯性に優れているのではないか」と思われるのはそうかもしれません。

実際、ここまで多くのオートロックがあるということは、それなりにオートロックのメリットが注目されているからなのでしょう。

しかし、一方で「オートロックは決して万能ではない」という指摘もありますので、注意が必要になります。
私たちが「安全だ」と思っているオートロックが、実は危ないということをあなたは信じられるでしょうか。

オートロックの意外な落とし穴~泥棒はオートロックのマンションを狙っている?

実は、泥棒の中には「オートロックを専門に狙う輩がいる」と言われています。

なぜ、オートロックを狙うのでしょうか?それにはいろいろな説がありますが、まず「オートロックだと、一度そこに入ってしまえば人に会う可能性が少ない」という点が挙げられます。

オートロックのマンションの中で出会う人は、その物件に住んでいる人だろうと思ってしまうことはありませんか?住人のなかにも、すこし顔を見ない人に会ったとしても「きっと住人か、住人が招いたお客さんだろう」と考える人がほとんどなのではないでしょうか。

その油断が、泥棒が入りやすい環境を作ってしまっているのです。
これはなんとなく解りますよね。

もともと、住人の中に「オートロックなら安全だろう」という先入観があるからこそ、オートロックは危険だということが言われているのです。

また、オートロックは誰でも入れるものではないために、その中で会う人が極端に少ないです。
つまり、誰にも見つからずに侵入することが可能であるということで、泥棒にとってはまたとない環境になるということですね。

出るときは普通に自動ドアで出られることがほとんどなので、それを考えれば「オートロックが泥棒にとって活動しやすいものである」というのは解るような気もします。

だからこそ、オートロックにこそ気をつけようと最近は警笛を鳴らす人も増えてきました。

オートロックだからと言って過信しないこと

まず、オートロックだからと言って過信しないことは絶対的な条件です。
オートロックだからすべての侵入者を避けることができるわけではない、それをしっかり頭に入れた行動をしておきましょう。

玄関周りを綺麗に保っておくだけでも、泥棒を避けるきっかけになりますので頑張りましょう!