補助鍵の重要性

空き巣に入られるのはかなりのダメージ

日本は世界からみてもかなり治安が良い国と言われていますが、それでも俗にいう「泥棒の被害」がまったくないわけではありません。

地域によっては、きちんと鍵をかけて出かけても「鍵をこじ開けられた」「ピッキングされた」などの方法で侵入されてしまうことがあります。

部屋に入られてしまえば自分の財産をとられてしまうというだけでなく、精神的なショックも非常に大きなものになるでしょう。

財産をとられたことに加えて、自分が招いてもいない人間に勝手に部屋に入られるというダメージは本当に大きなものになります。

だからこそ、私たちは「まず空き巣に入られないように色々なことを気を付ける」という必要があるのです。
では、具体的にどんなことに気をつけれは空き巣に入られないようにすることができるのでしょうか。

補助鍵で泥棒に入られる可能性は減らせる!

空き巣被害減らすための対策として、「鍵を増やす」というものがあることをご存知でしょうか。
通常、ドアには鍵がひとつついていますが、それを2~3個に増やすことで、泥棒に入られる可能性をぐんと減らすことが可能になります。

この鍵ですが、意外なことに「同じ種類の鍵でもOK」なので試してみて下さい。
鍵を増やすことで何がいいのかというと、なんといっても「鍵を開けるための時間を稼ぐことができる」というのがいいのです。

同じ種類の鍵であっても、いくつも鍵を開けるとなるとかなりの時間がかかりますので、そういった点で「鍵を増やすのは有効である」ということですね。

鍵をいくつかつけておくことで、鍵をあけるのに時間がかかるため泥棒は避ける可能性が高いということですね。
こういったことを考えれば、確かに鍵を増やすという方法は有効ではないか?と思いますよね。

賃貸物件であっても、鍵を増やせることがある

仮に賃貸物件であっても、鍵を増やすことができるところがありますので、気になる場合はこの「鍵を増やす」ということをやってみてはいかがでしょうか。

誰でもできる簡単な方法ですので、鍵を増やすという方法にチャレンジをしてみてくださいね。

空き巣はほんとうにいろいろな方法で侵入しようとしてきます。
だからこそ、私たちは空き巣の侵入を防ぐために色々な方法を試していかなければなりません。

防犯対策は年々進化していますので、どういった方法があるのかをしっかりとチェックして「できるだけ新しい防犯対策ができるようにしておく」ということを心がけましょう。

オートロックの注意点

オートロックは万能ではない

最近は、防犯性をアップさせるためにオートロックにしているマンションも多いですよね。
オートロックのマンションであれば、住人の許可がなければドアが開くことはありませんので「防犯性に優れているのではないか」と思われるのはそうかもしれません。

実際、ここまで多くのオートロックがあるということは、それなりにオートロックのメリットが注目されているからなのでしょう。

しかし、一方で「オートロックは決して万能ではない」という指摘もありますので、注意が必要になります。
私たちが「安全だ」と思っているオートロックが、実は危ないということをあなたは信じられるでしょうか。

オートロックの意外な落とし穴~泥棒はオートロックのマンションを狙っている?

実は、泥棒の中には「オートロックを専門に狙う輩がいる」と言われています。

なぜ、オートロックを狙うのでしょうか?それにはいろいろな説がありますが、まず「オートロックだと、一度そこに入ってしまえば人に会う可能性が少ない」という点が挙げられます。

オートロックのマンションの中で出会う人は、その物件に住んでいる人だろうと思ってしまうことはありませんか?住人のなかにも、すこし顔を見ない人に会ったとしても「きっと住人か、住人が招いたお客さんだろう」と考える人がほとんどなのではないでしょうか。

その油断が、泥棒が入りやすい環境を作ってしまっているのです。
これはなんとなく解りますよね。

もともと、住人の中に「オートロックなら安全だろう」という先入観があるからこそ、オートロックは危険だということが言われているのです。

また、オートロックは誰でも入れるものではないために、その中で会う人が極端に少ないです。
つまり、誰にも見つからずに侵入することが可能であるということで、泥棒にとってはまたとない環境になるということですね。

出るときは普通に自動ドアで出られることがほとんどなので、それを考えれば「オートロックが泥棒にとって活動しやすいものである」というのは解るような気もします。

だからこそ、オートロックにこそ気をつけようと最近は警笛を鳴らす人も増えてきました。

オートロックだからと言って過信しないこと

まず、オートロックだからと言って過信しないことは絶対的な条件です。
オートロックだからすべての侵入者を避けることができるわけではない、それをしっかり頭に入れた行動をしておきましょう。

玄関周りを綺麗に保っておくだけでも、泥棒を避けるきっかけになりますので頑張りましょう!

侵入者の手口~錠破り

錠破りってどんな手口?

泥棒の手口として、とても良く知られている「錠破り」。
錠破りとは、どんな手口のことを言うのでしょうか。

錠破りと言うのは、簡単にいえば「バールなどを使ってドアをこじ開ける」という泥棒の手口のこと。
「ドアってこじあけられるの?」と思う人がいるかもしれませんが、実は簡単にこじ開けることができます。

バールをドアの隙間に差し込めば、短時間で時間をかけずにドアを壊して中に侵入することが可能に。
しかも、意外なことにこの手口は「音をたてずにできる」ということがあるので、泥棒が簡単に侵入することができるようになっています。

私たちは、泥棒の手口のことを考えた時に「ピッキング」のように「泥棒が鍵を開けて入ってくること」は考えても、ドアをむりやりこじ開けてまで入ってくることはあまり考えませんよね。

しかし、バールが一本あればドアを破壊して入ってくることも十分に可能なのです。

錠破りを防ぐには

この錠破りを防ぐには、「根本的にドアを開けられないようにする対策をする」ということが必要になります。
例えば、ドアを隙間がないようなタイプのものにかえておくこと。

隙間がないようなタイプのものなら、そもそもバールを差し込むことができませんので錠破りをすることはできなくなってしまいます。このように、「ドアをかえて侵入させない」という方法はまず基本ですね。

とはいえ、ドアというものは誰でも変えられるものではありませんよね。
そんな時は、まずドアの隙間をしっかりとふさいであげるという方法も。

こうすることで、バールを差し込める隙間がなくなりますので、錠破りをすることはできなくなります。

そして、意外に有効と言われているのが「鍵を増やす」という方法。
大抵、ドアには鍵が1つついていますが、それだけでなく2つ3つに増やしておくことで、ドアを開けられる危険性を減らすことができるでしょう。

鍵が多くついていればいるほど、鍵を開ける時間がかかることになりますので、泥棒が避けるというのは良く言われていることですね。ドアを簡単に開けることができないように、そもそも鍵を増やすということも検討してみてください。

錠破りを防ぐにはいろいろな方法がありますが、簡単にできる方法と言えば「ドアの鍵を増やす」ということかもしれませんね。

ぜひ、ドアの鍵を増やすという方法を検討してみてほしいと思います。

賃貸であっても、相談すれば鍵を追加でつけさせてくれるところがあります。

侵入者の手口~こじ開け

鍵をこじあける、という手口

たとえばピッキングの様に、鍵をできるだけ傷つけることなくスマートに開けてしまうという方法もあるのですが、泥棒の手口でまず一般的なのは「こじあける」というものではないでしょうか。

ピッキングは既に珍しい侵入の手口ではありません。
このため、泥棒は誰でもピッキングをできるような印象もありますが、そういうことでもありません。

ピッキングができないような泥棒でも、バールなどを使ってドアを開けて侵入する例は非常に多いと言われています。ドアの隙間にバールを差し込み、そこから破壊して中に侵入するということですね。

この場合、部屋の中のものを根こそぎ持っていかれてしまうのはもちろんなのですが、それだけでなくドアを壊されてしまうために修理代金もかかりますので、注意しなければなりません。

また、やはり家のドアをこじ開けて侵入されるというのは大変なショックを伴うものなので、こうしてこじ開けの被害があった時点で引越しを考える人も少なくない様です。

確かに、一度でも侵入された部屋に住み続けるというのは気持ち悪いものがありますからね。

鍵のこじ開けは、鍵の個数で防ぐしかない

このこじ開け被害を防ぐには、やはり鍵をできるだけたくさんつけることで自衛をするしかありません。
1つの鍵を開けるよりは、2~3個ついていた方がこじ開けるのに時間がかかるでしょう。

そういう意味で、鍵のこじ開けを避けていくしかないのです。
なので、こじ開けの被害を少しでも避けたい場合は「鍵の個数を増やす」ということが必要になります。

実は、鍵の数を増やすというのは防犯対策としてかなり良質なもの。
簡単な鍵であったとしても、あけるにはそれなりに時間がかかります。

時間がかかるドアを泥棒は避ける傾向がありますので、同じタイプの鍵であってもいくつかつけることで「時間を稼ぐことができる」というメリットも。

このことを考えても、鍵を増やすというのは本当にいい対策であることが解ります。

また、もし可能であれば「こじ開けることができないくらいの頑丈なドアを使う」ということもいいでしょう。

日本のドアは「外開きである」「バールがはいるような隙間がある」ということが多いので、どうしてもドアを破られやすくなってしまっています。

そういった被害を減らすためにも、根本的な問題となっているドアを変えるという方法はオススメです。
念には念を入れたこじ開け対策をしっかりとしておく必要があるのではないでしょうか。